NHK for School

番組のねらい

●「メディアリテラシー」が楽しく身につく!

小・中学生がメディアリテラシーを身につけることを目的とした番組です。私たちのまわりには、テレビ、雑誌、インターネット、携帯電話などさまざまなメディアからの情報があふれています。子どもたちには、そうした大量のメディア情報を取捨選択して受けとめるとともに、積極的にメディアを使いこなしてゆく力「メディアリテラシー」が必要になってきています。

●池上彰さんが案内

番組では、子どもの身近なメディアへの疑問を入口に、さまざまなメディアの世界を探っていきます。案内人はジャーナリストの池上彰さん。誰もが聞いてわかりやすい語り口で、知られざるメディアの裏舞台や、わくわくする制作現場、そしてときには注意が必要なメディアの一面も紹介します。スタジオでは、池上さんの話を聞いた中学生の安保泰我くんが、実際にメディアを体験することも。楽しみながら、メディアの力を実感し、メディアとの上手なつきあい方を学んでいきます。

●スマホ時代のテーマも充実!

子どもを取り巻くネットの状況は急速に変わっています。番組を利用している現場の先生たちの要望もあり、スマホ時代に対応するネット関連のテーマの回も設けています。子ども達が実際に体験したエピソードを紹介しながら、ネットとのつきあい方を池上さんと一緒に考えていきます。

■企画協力 この番組の企画にあたっては、次の方がたのご協力を得ました。(50音順)
京都教育大学 副学長
浅井和行
東京都北区立豊川小学校 主任教諭
佐藤和紀
千葉大学教育学部 教授
藤川大祐
東北大学大学院情報科学研究科 教授
堀田龍也
静岡県富士市立原田小学校 教頭
吉野和美