先生向け放送リスト

印刷

4月6日

第1回 地震波が教えてくれること

[地球の声を聞こう]大きな揺れの前に知らせる「緊急地震速報」の仕組みを入口に、地震波の性質と地震への備えを学ぶ。

4月13日

第2回 地震はなぜ起こるの?

[地球の声を聞こう]「マグニチュード」、「震度」の意味を正しく知り、揺れが長く続いたときに気をつけるべきポイントを学ぶ。

4月20日

第3回 地球は生きている

[地球の声を聞こう]生きている星・地球。地震は避けられない地球の活動であることを知り、どう備えたらよいか考える。

4月27日

第4回 フライトドクター

[命を守るチカラ]災害や事故が起きたとき、現場に駆け付け救命にあたるフライトドクター。その仕事ぶりをドキュメントで追う。

5月11日

第5回 東京消防庁・ハイパーレスキュー

[命を守るチカラ]消防救助機動部隊、通称ハイパーレスキュー。隊員の訓練や部隊長のインタビューを通して、災害に備える姿を紹介。

5月18日

第6回 災害救助犬・指導手

[命を守るチカラ]優れた嗅覚で災害現場で捜索などにあたる災害救助犬。その育成や訓練にあたる指導手に迫る。

5月25日

第7回 消防団 ~宮城・女川町~

[被災者に学ぶ]大津波が町に迫ったとき町の消防団はどのようにして住民を救ったのか。消防団員に話を聞く。

6月1日

第8回 雷から身を守ろう

[地球の声を聞こう]積乱雲の中で雷が発生するメカニズムを学び、雷から命を守るためにはどうしたらいいのか考える。

6月8日

第9回 竜巻の正体を知ろう

[地球の声を聞こう]予想の難しい災害のひとつ竜巻。どのように発生するかを学び、より安全な避難のしかたについて考える。

6月15日

第10回 猛暑と熱中症

[地球の声を聞こう]ときに40 度を超す猛暑。猛暑になるメカニズムと熱中症予防について学ぶ。

6月22日

第11回 いのちを守る強いココロ ~消防士~

[いのちのリレー]消防士として阪神・淡路大震災で活動した父の志を受け継ぐ、現役消防士の思いに迫る。

6月29日

第12回 アニメで学ぶ“命を守るキズナ”

[シンサイミライ学校]津波から自分自身や家族を守るために何が大切か。アニメを通じて、自ら考え学ぶ。

7月6日

第13回 地震からいのちを守る知恵

[シンサイミライ学校]「緊急地震速報」を使った災害訓練の挑戦。自分たちで考えながら、地震から命を守る知恵を学ぶ。

7月13日

第14回 きみならどうする?判断の分かれ道

[シンサイミライ学校]地震が起こったとき、様々な判断が迫られる。いざというとき、自分で判断できる力をゲームを使って学ぶ。

8月24日

第15回 台風の進路を予測しよう

[地球の声を聞こう]台風が発生する仕組みや予報円の見方を知って、台風シーズンに備える。

8月31日

第16回 自分の町を知って台風に備えよう

[地球の声を聞こう]増水、土砂災害、高潮など、台風がもたらす災害はさまざま。自分の町にどんな危険があるかしっかり調べる。

9月7日

第17回 噴火のしくみを学ぼう

[地球の声を聞こう]日本列島にある活火山は110に上る。大きな災害につながる噴火から命を守るためにどうしたらいいのか。

9月14日

第18回 突然の噴火に備えよう

[地球の声を聞こう]予測が難しい水蒸気噴火から身を守るにはどうしたらいいのか。火山学者の林信太郎教授とともに、火山の模型を使った実験を通して学んでいく。

9月21日

第19回 火山災害ホームドクター

[命を守るチカラ]火山が噴火したとき、火山灰や軽石などにどう対処すればよいのか。火山博士の言葉や活動を通して学ぶ。

9月28日

第20回 土砂災害から命を守ろう

[地球の声を聞こう] 山地が国土の3分の2を占める日本は「土砂災害」がとても起こりやすい国だ。土砂災害はどのように起きるのか、そのしくみを学び、土砂災害から命を守る方法を考える。

10月5日

第21回 看護師 ~宮城・女川町~

[被災者に学ぶ]宮城県女川町の医療センターでは、医療品や食料が津波で流され、多数の避難者が押し寄せた。看護師はどう対応したか。

10月12日

第22回 工場長 ~宮城・仙台市~

[被災者に学ぶ]仙台市の港近くにある工場。工場長は、従業員と付近の住民あわせて130人以上を避難させ命を救った。

10月19日

第23回 何もしない自分はもうイヤだ ~災害ボランティア~

[いのちのリレー]“どんな被災地でも最後まで支え続ける”。その志を胸に、支援の活動を続ける災害ボランティアの活動を伝える。

10月26日

第24回 校長先生 ~宮城・南三陸町~

[被災者に学ぶ]宮城県南三陸町の小学校校長が、20メートルを超える津波が学校に迫ったとき、子どもを守るためどう行動したのか。

11月2日

第25回 民生委員 ~岩手・宮古市田老~

[被災者に学ぶ]大津波に襲われた岩手県宮古市田老地区の民生委員が、お年寄りたちの命を救うためとった行動とは。

11月9日

第26回 ロボット開発で災害に備える

[命を守るチカラ]災害現場で活躍するロボットたち。防災には、緊急対応だけでなく、研究開発も大切であることを学ぶ。

11月16日

第27回 命を守る“手作りBOSAIマップ”

[シンサイミライ学校]地震が起きたとき、どう身を守るか。小学生が自分の住む町を歩き、オリジナルのBOSAI マップ作りに挑む。

11月30日

第28回 元気が出る“BOSAI食”を作ろう

[シンサイミライ学校]被災者だけでなく、支援者の体も心も元気づける「食」。災害時における「食」の大切さを考える。

12月7日

第29回 キャンプで学ぶ“BOSAI力”

[シンサイミライ学校]災害が起きた時、避難生活をどう乗り切るか。1泊2日のキャンプを通して、楽しみながら学ぶ。

12月14日

第30回 人と人とのつながりこそが防災 ~障害者支援~

[いのちのリレー]被災した障害者を支援するNPO法人。多くの被災地で、障害者を支える取り組みを続けている。

1月11日

第31回 どんなときも助けたい ~災害医療~

[いのちのリレー]災害が起きた時に、被災した患者の治療を行う「災害医療」に取り組む医師が、一人でも多くの命を救おうとする姿を伝える。

1月18日

第32回 子どもたちの未来を守る ~防災教育支援~

[いのちのリレー]防災教育に取り組むNPO法人職員。全国の学校で、子どもたちや保護者、教員に向けて防災・減災の授業を行っている。

1月25日

第33回 命の大切さを伝える ~震災遺族~

[いのちのリレー]阪神・淡路大震災で1歳半の息子を失った母親が、悲しみに向き合いながらも、震災を語り続ける姿を紹介する。

2月1日

第34回 大雪災害にそなえよう

[地球の声を聞こう]雪害は、特定の地域だけでなく、日本各地で起こりうる災害だ。降り積もる雪の特性と、どんな備えが大切かを学ぶ。

2月8日

第35回 津波はどうして起きる?

[地球の声を聞こう]「津波」と「波」はどう違うのか。水槽を使った実験やCG を使って、津波の仕組みを分かりやすく伝える。

2月15日

第36回 津波から命をまもるには?

[地球の声を聞こう]津波避難の鉄則を知って、より安全な避難場所と避難経路を見つけておくことの大切さを伝える。

2月22日

第37回 タクシー運転手 ~宮城・気仙沼市~

[被災者に学ぶ]携帯電話が通じない中、タクシー無線を使い、消防団などの活動を支えた気仙沼市のタクシー運転手に話を聞く。

3月1日

第38回 商業施設運営 ~宮城・石巻市~

[被災者に学ぶ]大型ショッピング施設の責任者は、多くの買物客の安全を守り、大勢の避難者を受け入れた。その決断とは。

3月8日

第39回 地球の声を聞こう 河川氾濫に備えよう

今回のテーマは河川の氾濫(はんらん)。氾濫の恐れがある場所に人口の約半分が集中している日本では、誰にとっても無関係とは言えない災害だ。その備え方について考える。

3月15日

第40回 【新作】避難生活が長引くとき

災害が起きたら、避難生活を乗り切ることが必要だ。想定外の長引く避難生活では、子どもにとってどんなことが必要なのか。

天気予報で災害を防ぐ・気象台

[命を守るチカラ]災害を防ぐために、日々天気の変化を監視し続ける、気象台の仕事を知る。

大雨・土砂災害に備える

[命を守るチカラ]大雨や土砂災害に対して活動した、国土交通省の緊急災害対策派遣隊や、衛星からの情報を基に人命を守る大学の研究を紹介。

集中豪雨から身を守ろう

[地球の声を聞こう]非常に激しい雨が、何時間も降り続く「集中豪雨」。雲の観察をしながら豪雨のおこるメカニズムと対策を学ぶ。

噴火の前に何が起きる?

[地球の声を聞こう]ゼリーや風船を使った実験で地殻変動の仕組みを学び、予知には限界があることも知り、噴火にどう備えればいいかを考える。