前のページへ戻る

今回の放送

シンサイミライ学校 「地震からいのちを守る知恵」

自分で考え、行動し、みんなの命を守る力を育む「シンサイミライ学校」。プレゼンターは小学生のとき阪神・淡路大震災を体験した相武紗季さん。
地震からいのちを守るために必要なのは、自分で判断して、素早く安全な場所に逃げること。キーワードは「落ちてこない 倒れてこない 移動してこない」。
もし授業中だったら、掃除の時間だったら、そしてガスコンロの火がついている家庭科室だったら、と次々に場所を移動していきながら、実際に緊急地震速報で避難してみます。同じ教室でも、子どもたち一人一人がいる位置によって一番安全な場所は違います。正解は一つではありません。どんなことをしても、命を守ることが出来れば、それが“正解”なのです。番組を見ながら、みんなも一緒に考えてみましょう。

<先生> 大木(おおき) 聖子(さとこ)慶應義塾大学環境情報学部 准教授