前のページへ戻る

今回の放送

「東日本大震災 被災者に学ぶ ~ 消防団 ~」

東日本大震災の被災地を訪ねて、震災を体験した人の話を聞くシリーズ 「東日本大震災 被災者に学ぶ」。その時、住民たちはどのように判断し、いかに行動したのか。中学生のこどもリポーター、俳優の濱田龍臣さんが話を聞き、子どもたちが自分自身で判断し行動するための手掛かりを伝える。宮城県の女川町は、大津波で800人以上の命が失われた。一方、桐ヶ崎地区では海辺に面していたが住民80人全員が無事に避難した。津波が迫った時、町の消防団の人達は地域住民の命をどのように救ったのか。当時、女川町消防団の団長だった鈴木正文さんに聞く。

< 出演 >鈴木正文  宮城県・女川町消防団 団長(当時)
濱田龍臣  俳優