前のページへ戻る

今回の放送

地球の声を聞こう「地震はなぜ起こるの?」

江戸時代の人たちは地震が起こると、地下でナマズが暴れていると考えました。みなさんは地震の本当の正体を知っていますか?
地震学者の大木聖子(おおきさとこ)先生と、万力(まんりき)とチョークを使った実験を通して、地震が起こる様子をイメージしましょう。
また、地震のニュースでよく耳にする「震度」と「マグニチュード」という言葉の違いも、電球を使ってわかりやすく説明します。
大きな地震が起こると、停電で地震速報が見られないかも知れません。そんなときにも「揺れている時間の長さ」に注意して、身を守ることを伝えます。