対象:小学校5・6年生 中・総合  放送日:木曜日 午前9時30分~9時40分 (再)日曜日 午後6時30分~6時40分

「学ぼうBOSAI」は、子どもも大人も心を動かし、深く考える、「防災番組」です。様々な自然災害に襲われる日本列島。阪神・淡路大震災や、東日本大震災では多くの尊い生命が奪われました。子どもも大人もこの列島に生きる一人として、自然災害を正しく知り、命を守るためにどう行動するかを自分で考えなければなりません。番組ではそのための最新の知見や現場の取り組みなどを紹介します。

    地震の大きな揺れが来る前に知らせる「緊急地震速報」のしくみを入口に、地震波の性質と、地震への備えを学ぶ。


    しりょう授業プラン
    【地震波が教えてくれること】 【地震波が教えてくれること】単元計画案・指導案
    第2回 命を守るチカラ フライトドクター
    放送:4月24日、28日、5月1日、5日、8日、12日

    災害や事故が発生した時、専用のヘリで駆けつけ救命にあたるフライトドクター。その現場をドキュメントで追いながら、フライトドクターたちの災害への備えを学ぶ。


    しりょう授業プラン
    【フライトドクター】 【フライトドクター】単元計画案・指導案

    津波から自分自身、そして家族みんなの命を守るために何が大切なのか、アニメを通じて、子どもたちが自ら考え、学ぶ。


    しりょう授業プラン
    アニメで学ぶ “命を守るキズナ” 【アニメで学ぶ “命を守るキズナ”】単元計画案・指導案

    「マグニチュード」「震度」という言葉のとらえ方を知って、揺れが長く続いたときに警戒しなければならないことを学ぼう。


    しりょう
    【地震はなぜ起こるの?】
    第5回 地球の声を聞こう 地球は生きている
    放送:6月12日、16日、19日、23日

    地震は「生きている星」地球の活動のひとつであり、止められないことを知って、どう備えたらいいかを考えよう。


    しりょう授業プラン
    【地球は生きている】 【地球は生きている】単元計画案・指導案
    第6回 命を守るチカラ 災害救助犬・指導手
    放送:6月26日、30日、7月3日、7日

    地震で建物が壊れたとき、土砂崩れが起きたとき、優れた嗅覚で行方不明者を捜索す る災害救助犬。その育成や訓練を行う指導手に密着して、災害に備える最前線を紹介 します。


    しりょう授業プラン
    【災害救助犬・指導手】 【災害救助犬 ・指導手】単元計画案・指導案

    「落ちてこない 倒れてこない 移動してこない」緊急地震速報を使った避難訓練に 挑戦、自分たちで考えながら地震から命を守る知恵を学ぶ。


    しりょう
    地震から命を守る知恵
    第8回 地球の声を聞こう 台風の進路を予測しよう
    放送:8月21日、25日、28日、9月1日、4日、8日

    台風が発生するしくみや「予報円」の見方を知って、台風に備えよう。


    しりょう授業プラン
    【台風の進路を予測しよう】 【台風の進路を予測しよう】単元計画案・指導案

    増水、土砂災害、高潮など、台風がもたらす被害は地域によってさまざまだ。町にどんな危険があるかを調べて防災マップを作ってみよう。


    しりょう授業プラン
    【自分の町を知って台風に備えよう】 【自分の町を知って台風に備えよう】単元計画案・指導案

    火山が噴火をして大量の火山灰や軽石などが降ってきた時、私たちはどうすればよい のでしょうか。火山博士の言葉や活動を通して、自分で考えて身を守る方法を学びま しょう。


    しりょう
    【火山災害ホームドクター】

    大きな地震がおきたとき、様々な判断を迫られます。いざという時、自分で判断できる力を、ゲームを使って学びます。


    しりょう
    きみならどうする?判断の分かれ道

    災害にあって被災者になったとき、また被災者を支援するとき、「食」の工夫によって、体だけでなく心も元気づけることができます。「食」がいかに重要かを考えていきます。


    しりょう
    元気が出る”BOSAI食”をつくろう

    災害が起きたとき、どのように被害を防ぎ、どのように避難生活をのりきるのかを、1泊2日のキャンプを通して、楽しみながら学んでいく。


    しりょう
    キャンプで学ぶ“BOSAI力”
    第14回 地球の声を聞こう 津波はどうして起きる?
    放送:11月20日、24日、27日、12月1日

    津波とは何か?ふだん目にする「波」とはどう違うのか?水槽を使った実験やCGを使って、津波が起きるしくみをわかりやすく伝える。


    しりょう
    【津波はどうして起きる?】

    津波避難の鉄則を知って、より安全な避難場所と避難経路を見つけておくことの大切さを伝える。


    しりょう
    【津波から命を守るには?】

    火災や地震などの大きな災害に備えている、消防救助機動部隊、通称ハイパーレスキューを紹介。隊員の活動や部隊長の経験談を通して、災害に備えて何をしたらいいか、どのように考えて行動したらいいか学びましょう。


    しりょう
    【 東京消防庁 ハイパーレスキュー 】

    学校へ行く時、家に帰る時、遊んでいる時など、大きな地震が起きたら、どのように身を守るか。小学生が住んでいる街を歩き、オリジナルのBOSAIマップを作ります。


    しりょう
    シンサイミライ学校 命を守る“手作りBOSAIマップ”

    天気による災害が起きるきざしを見逃さないように日夜、警戒を続ける人たちがいます。災害を防ぐために、毎日天気の変化を監視し続ける、気象台のしごとを学びます。


    しりょう
    【天気予報で災害をふせぐ・気象台】

    災害が起きたとき、危険な場所で人間の役に立つ、様々なロボットの研究が進んでいる。災害用のロボットを開発することも、災害に備える防災の取り組み。ヘリコプターのように空中に浮かんで映像を送るロボットや、ガレキを乗り越えて原子力発電所のなかに入ったロボット等を紹介する。


    しりょう
    【ロボット開発で災害に備える】

    台風や大雨などで発生する土砂災害。災害が発生したときに立ち向かう「緊急災害派遣隊」と、土砂災害を予測する最新のシステムについて紹介。あわせて、子ども達に土砂災害に関する知識と備えを伝える。


    しりょう
    【命を守るチカラ 大雨・土砂災害に備える】