NHK そなえる防災 TOPへ

防災ドリル #1 明かり

さあ、問題を始めましょう!

第1問 災害時の停電に備えて、あると便利な照明器具は?

  • 1. 懐中電灯
  • 2. ヘッドライト
  • 3. LEDランタン

こたえ 2. ヘッドライトと3. LEDランタン

被災時は両手を空けておくことが大切。

実は懐中電灯よりも、両手が空くヘッドライトが断然便利!停電の間、暗闇の中で片付けをしたり、荷物を運んだりすることもあります。そんなときヘッドライトを付けていれば、両手をフルに使うことができます。

ヘッドライト
ヘッドライト

室内照明には、より照射範囲が広いLEDランタンがおすすめ。食事中などはろうそくでも代用できますが、余震の時、安全のために吹き消しても困らないように、LEDランタンもそばに置いておきましょう。

LEDランタン
LEDランタン

次の問題に進む

第2問 ランタンはいくつあればいい?

  • 1. リビングに1台
  • 2. 余裕をみて3台
  • 3. 多ければ多いほど・・・10台!

こたえ 2. 3台

リビング、台所、トイレに1台ずつ

家族皆がいつも同じ場所にいられるわけではないので、1台では心もとないですね。少なくとも、リビング、台所、トイレには1台ずつ準備が必要です。
各家庭で、家族それぞれの活動場所を想像しながら、必要最低限の数は準備しておきましょう。

LEDランタン
LEDランタン

次の問題に進む

第3問 ランタンやラジオ用に備蓄している電池。使わなければ何年でも使える?

  • YES
  • NO

こたえ NO 使わなくても電池は自然に消耗します。

使おうと思ったら、すぐに電池が切れた。

ランタンやラジオは、避難生活では必需品です。せっかく常備していても、いざというときに十分に使えなければ意味がありません。スペアの電池を用意し、冷暗所で保存しておきましょう(冷蔵庫はダメ)。
最近では、10年間という長期間保存できる電池が主流ですが、乾電池不要のソーラー充電式や手回し充電式の機能が補助的に付いているものがあればさらに安心です。

乾電池も一緒に準備する/ソーラー充電式/手回し充電式

次の問題に進む

第4問 身の回りのものだけで簡易ランタンが作れます。使える材料はどれ?

  • 1. アルミ缶
  • 2. サラダ油
  • 3. たこ糸

こたえ 1 2 3 全部

空き缶でランタンを作ってみましょう!

アルミ缶、サラダ油、たこ糸があれば、簡易のランタンを作ることができます。
火のついたランタンはとても熱くなるので注意が必要です。また、軽いので転倒には十分気をつけましょう。換気もこまめに!

【用意するもの】
アルミ缶、サラダ油、たこ糸、アルミホイル、カッター、キッチンばさみ、ライター、軍手
※ロウソクがある場合は、たこ糸とアルミホイルは不要です。

作り方1
1 飲み口の真下にカッターで切れ込みを入れ、その切れ込みからキッチンばさみで縦にまっすぐに切る。必ず軍手をしましょう!
作り方2
2 横方向に切る。 切り落とさずに、ランタンの「背」となる部分を残す。
作り方3
3 底を金づちでたたいてへこませ、ロウをたらす。下側からライターであぶってロウを溶かし、ロウソクを立てると完成!ロウソクがない場合は5へ。
作り方4
4 ロウソクを使ったランタンはこれで完成です。
作り方5
5 へこませた底の部分にサラダ油を注ぐ。
作り方6
6 芯を作る。アルミホイルを細長く折ってたこ糸を挟む。芯となる部分を突き出させる。
作り方7
7 サラダ油の中に6を入れて、出来上がり。
空き缶のランタン 作り方8
8 完成!

FINISH! はじめに戻る

PAGE TOP