トップページ > 動画で学ぶ > 子どもの熱中症対策

猛暑

子どもの熱中症対策

子どもは、体温を調節が難しく、身長も低いため地面からの照り返しも受けやすく熱中症になりやすいのです。暑い日は、帽子をかぶらせ、長時間外で遊ばせないようにしましょう。

動画を見る
  • 子どもは、体温を調節する機能がまだ十分に発達していないため、

  • 熱中症にかかりやすいので注意しましょう。

  • 大人に比べて身長が低いので地面からの照り返しの影響を受けやすいのです。

  • 大人と子どもでは、気温の感じ方にどのくらい差があるのでしょうか。

  • 大人の顔の位置で計った気温が32℃の場合、

  • 子どもの顔の位置では35℃になります。

  • ベビーカーの中はさらに高温になります。

  • 暑い日は、帽子をかぶらせ、長時間外で遊ばせないようにしましょう。

紹介者プロフィール