トップページ > 動画で学ぶ > 【避難生活】 避難所・冬の寒さ対策・過ごし方

地震にそなえる

【避難生活】 避難所・冬の寒さ対策・過ごし方

冬の避難所では、冷たい風を防ぐために、段ボールが「ついたて」になり寒さとプライバシー対策に役に立ちます。こん包に使う発泡スチロールなども床からの寒さを和らげます。

動画を見る
  • 1995年の阪神・淡路大震災。避難所となった芦屋市立体育館に、市から段ボールが届けられました。

  • 底冷えのする体育館での避難生活。段ボールは、冷たい風を防ぐための「ついたて」となりました。

  • また、プライバシーを守ることにも役に立ちました。

  • 尼崎市では、こん包資材のメーカーが発泡スチロールの板を避難所に贈りました。

  • 発泡スチロールの板は、床から押し寄せる厳しい寒さを和らげるのに役に立ちました。

紹介者プロフィール