トップページ > 動画で学ぶ > 【寒さ対策】 温かくて明るくて調理もできる ~空き缶コンロ~

地震にそなえる

【寒さ対策】 温かくて明るくて調理もできる ~空き缶コンロ~

ライフラインが止まった自宅で、身の回りのものでコンロを作る方法です。寒さがしのげて、明かりにもなり、お湯を沸かしたり簡単な調理もできます。

動画を見る
  • <用意する物>
    空き缶、アルミホイル、キッチンばさみ、ティッシュペーパー、サラダオイル

  • (1)ティッシュペーパーを細く丸めて芯を作ります。

  • (2)その芯をを四つ折りにしたアルミホイルの間に差し込みます。
    アルミホイルには事前につまようじなどで穴を開けておきます。

  • (3)キッチンばさみを使って空き缶の底から高さ3センチの所に穴を開け、

  • (4)空き缶の周囲をできるだけ水平に切り取ります。

  • (5)その小さい方の缶の中に(2)のアルミホイルを芯を上にして立てます。

  • (6)缶にサラダオイルを注いでください。

  • (7)ティッシュの芯に火をつけます。
    同じものを3つ作れば出来上がりです。

  • (8)切り取った大きい方の缶の残りは五徳として使います。

  • (9)カップ一杯の水ならおよそ10分で沸かすことができます。

  • 【注意点!】ライフラインが途絶えた自宅で使うことが前提です。
    避難所では決して使わないでください。

  • 【注意点!】灯油やガソリンなど燃えやすいものは絶対に使わず、サラダオイルを使ってください。

紹介者プロフィール