トップページ > コラム > 地震・津波台風・大雨落雷・突風大雪猛暑火山・降灰火災PM2.5・黄砂防災の知恵台風による大雨は台風中心付近で起こるとは限らない

台風の基礎知識

第4回  台風による大雨は台風中心付近で起こるとは限らない

執筆者

市澤 成介
元気象庁予報課長
プロフィール・記事一覧

平成27年台風第18号は台風通過後の大雨

平成27年9月9日朝、知多半島に上陸した台風第18号は、勢力を次第に弱めながら東海・北陸地方を北上して日本海に進み、15時には温帯低気圧へ変わりました。この台風の北上に伴い、南から水蒸気を大量に含んだ空気が帯状となって関東・東北地方に流入し、台風が温帯低気圧に変わってからも1日以上停滞したため、一部地域では記録的な大雨となり、栃木県、茨城県、宮城県には大雨特別警報が発表されました。

台風が東海地方に上陸した9日9時から3時間刻みで、関東地方の降水域の変化を見てみましょう。9日昼頃までの降水域(図1a、1b)は、台風の中心に向かって南東方向から北西方向に伸びる降水域が中心ですが、その後は南から北へと向きを変え、帯状となって関東地方の中央部を南北に伸びて停滞しました(図1c~1h)。帯状の降水域が停滞したのは、台風から変わった低気圧の動きが遅かったことと、東の高気圧の勢力が強く、降水域が東に移動するのを遮ったためです。細かく見ると、帯状の降水域の中には、さらに細い線状に強い所(線状降水帯)がいくつか見られます。3時間刻みのため、それぞれの線状降水帯の動きは読み取れませんが、これがかかった地域には、発達した積乱雲が列を成して次々と流入するため、より激しい雨が続いたのです。
台風第18号による大雨域の中心に当たった今市(栃木県日光市瀬川)での雨の降り方を、台風の中心の位置との関係で見ると、台風が最接近した時より、日本海に進んでからの方が激しい雨が続いたことが分かります(図2)。この時、総雨量は600mmを超えましたが、このうち台風が日本海に進んで温帯低気圧に変わった後に500mm近い大雨が降ったのです。この記録的な大雨によって、この地域を流れる鬼怒川が異常に増水し、下流の茨城県常総市では堤防決壊や越水が発生し、大規模な洪水被害をもたらしました。

台風の中心位置と大雨の関係

平成27年台風第18号のように大雨が降ることは珍しいことではありません。台風は多量の雨を降らせますが、1つ1つの台風を見ると、雨の降り方はさまざまです。台風による大雨の降り方を、台風の中心の位置との関係で見ると大きく3つのタイプに分けられます。

[タイプ1]台風接近前の大雨
このタイプには、台風の進行方向の前面に停滞する前線が活発化する形の大雨と、台風の外側を取り巻く雨雲の一部が活発化する形の大雨に分けられます。ここでは後者を取り上げます。このタイプの最近の例は、三重県に大雨特別警報が発表され記録的な大雨となった平成26年台風第11号があります(図3)。その時に台風の中心がある場所と白山(津市)での降雨経過を見ると、台風が最接近する丸1日前に10時間近く30mm以上の強い雨が降り続きました。しかし、台風最接近時の雨はさほど多くありませんでした。
台風を取り巻くように何本もの降水帯ができますが、その中で特に発達した降水帯が形成されると、周囲から水蒸気を多量に含んだ空気が集まり、降水帯はさらに強化されます。このため、台風から離れたところで大雨が降ることになるのです。

[タイプ2]台風の中心が通過する際の大雨
台風の中心部は発達した積乱雲群で構成されるため、台風の中心が通過する地方では中心が通過する前後で激しい雨が降ります。最近では、四国に上陸した平成27年台風第11号があります(図4)。台風は高知県室戸市付近に上陸しましたが、この上陸地点の北に位置する馬路村魚梁瀬(うまじむらやなせ)の雨の降り方と台風の経路を見ると、台風の接近に伴って次第に雨が強まり、通過直前に最も激しくなっています。台風の通過後の方が雨量は少なくなる一方で、通過前は周囲の山の影響によって雨雲が一層強化されたことが影響しているのです。台風の中心が離れるに従って雨が弱まっており、台風中心部付近で大雨が降る典型的な形でした。

[タイプ3]台風通過後の大雨
最初に示した、平成27年に台風第18号が関東地方に大雨を降らせたケースがこのタイプに当たります。気象庁が発表する台風の位置は地図上の一点を指していますが、台風は実際にはかなりの広がりを持っていて、一般的には半径300~500km程度の大きさがあります。このため、通過後の大雨は、広がりを持つ台風が遠ざかった後に降り続く大雨の場合をいいます。台風は中心を取り巻くように渦巻き状の降雨帯が何本も形成されており、その中で特に活発になった降雨帯が、台風の東側から南に伸びて、激しい雨を降らすことがしばしばあるのです。台風が順調に移動すれば、短時間に激しい雨が降るだけで済むのですが、この降雨帯が停滞すると大雨になります。平成26年台風第7号が北上しながら沖縄地方から遠ざかった時にも、帯状となった降雨帯が沖縄本島付近に停滞して激しい雨を降らせ、大雨特別警報が発表されましたが、これもこのタイプに属します。
大雨の事例を3つのタイプに分けて示しましたが、台風による大雨はその時の台風周辺の状況により、1日前に現れたり、1日後に現れたりします。次に台風が接近する際には、どのような時間帯に大雨をもたらすかを、気象庁の発表する情報から読み取っていただきたいと思います。
最後に、3つの事例での大雨最盛期の衛星画像を並べて示します。大雨を降らせた地域と台風中心の関係が分かるようにコメントも付記したので参考にしてください(図5)。

(2015年11月30日 更新)