トップページ > コラム > 地震・津波台風・大雨落雷・突風大雪猛暑火山・降灰火災PM2.5・黄砂防災の知恵2012年8月18日落雷事故(大阪)

落雷・突風

第12回  2012年8月18日落雷事故(大阪)

執筆者

小林 文明
防衛大学校地球海洋学科教授 理学博士
プロフィール・記事一覧

野外イベント会場での落雷事故

本年度のコラムは、具体的な“落雷、突風事例を検証”します。第1回は2012年8月18日に大阪市内で発生した落雷事故を振り返ります。
当日、野外コンサートが予定されていた大阪市内の長居公園(図1)では、突然の雷雨のために大勢の人が公園周辺で雨宿りをしていました。午後2時過ぎと3時頃に、2回の落雷が公園内であり、計10人が病院に搬送され、そのうちの2人が死亡しました。長居公園周辺は、緑地内にサッカースタジアム、陸上競技場や運動場などが存在します。当時、公園内の建物の陰や公衆トイレなどに逃げた人もいましたが、多くの人は林の中で雷雨が通過するのを待っているしかなかった状況でした。

雷電流がどのように人体に伝わったのか、詳細は不明ですが、状況から判断して、木への直撃雷(平地、海岸、山頂や尾根など周囲の開けた場所で、雷雲から直接放電される落雷)が木の側にいた人に伝わる側撃雷(木の下で雨宿りをしているときに遭遇する雷による死傷事故の多くは側撃によるもの)か、あるいは地面を伝わった雷電流(地電流)による感電が原因と推測されます。落雷の地電流により、一度に多くの被害が出ることは珍しくありません。

「雷三日」の気象状況

よく、「雷三日」といわれるように、17日から19日にかけては日本各地で雷雨が続きました。18日の天気図をみると、日本列島は太平洋高気圧に覆われた“夏型”でした(図2)。

下層に暖湿気が流入し、上空に北からの寒気(寒冷渦)が南下するという典型的な不安定パターンの状況下で、各地で積乱雲が急速に発達しました。18日は、全国で約78000個の落雷が、大阪市内では約1400個の落雷が観測されました(データはフランクリン・ジャパンによる)。長居公園の落雷事故のほかにも、北アルプスの山頂付近で登山者が雷撃を受けて1人が亡くなり、また大津市ではジョギング中の中学生が落雷に遭い意識不明の重体になるなど、各地で落雷による被害が発生しました。近畿地方でも、甲子園の高校野球が雷雨のために2時間以上中断しました。
なぜこの日、平野部や都市部など至る所で雷雲が発生したのでしょうか。一般に、通常の夕立(熱雷)は、安定した太平洋高気圧内で日射によって地表面が加熱された結果、午後遅い時刻に内陸や山岳地帯で発生します。これに対して、上空に寒気が進入して不安定度が高まると、普段は発生しない平野部や、早い時刻から積乱雲が発生します。つまり、熱帯のように、朝からモクモク積乱雲が“ゲリラ”的に発生するわけです。

落雷から身を守るために

では、落雷の直撃のあった長居公園周辺で、被害を避けるためにどのような行動をとるべきだったのでしょうか。激しい雷雨の中で、周囲に何があるかわからない多くの観客が林の中で様子を伺っていたのは致し方ないことだといえます。
落雷から身を守るためには、とにかく構造物の中や車中に退避することですが、万一周囲に構造物がない場合は、「保護域」を探しましょう。一般に、高さ5 m以上30 m以下の塔や煙突などの高い構造物のてっぺんを45度以上の角度で見上げる範囲で、4 m以上離れた所で足をそろえてしゃがんでいれば(落雷時の基本姿勢=「雷しゃがみ」(図3a))、比較的安全です。この領域が「保護域」と呼ばれています(図3b)。

ただし、樹木の場合は、側撃の危険性が高いので、木の高さによらず直ちに4 m以上離れましょう。また、森や林の中であっても、高い木に落ちることは変わりませんから、決して安全ではありません。今回のように林の中で雷雨に遭った場合は、なるべく木がまばらな場所を探してしゃがんでいればリスクは軽減されます。何もない場所では、電線の下も保護域となりますから、リスクが軽減されることを覚えておきましょう。
野外で、中断していた活動を再開する目安は、「雷鳴後30分たって次の雷鳴が聞こえない」ことですが、身の危険を感じる状況では、ある程度雷が収まったら直ちに安全な場所に移動しましょう。野外では、雷鳴が聞こえたらすぐに退避行動に移ることが重要です。イベント会場など多くの人が集まる場所では、たとえ主催者が適切な判断をしたとしても、大勢の人が直ちに退避行動をとるのは困難を伴います。年に数回あるかないかの大気が不安定な時は、行動予定を再検討しましょう。特に今回のように、台風や前線などが天気図に現れていない状況で発生する雷雨には注意が必要です。

(2015年7月31日 更新)