Q&A

質問緊急地震速報は、どんな時に発表されますか?

回答

緊急地震速報は、気象庁が平成19年10月1日から広く一般に向けて発表を始めました。震源近くで最初の小さな揺れをキャッチ、地震の規模や震源を予測し、大きな揺れの始まる数秒から数十秒前に発表するものです。最大震度5弱以上と予測された時、発表されます。ただ、緊急地震速報は、震源に近い地域では緊急地震速報が強い揺れに間に合わないことがあります。また、予測震度でプラスマイナス1程度の誤差があるといった技術的限界もあります。

質問総合テレビの他、EテレやBS1などでも速報しますか?

回答

NHKでは気象庁の発表にあわせて、テレビとラジオのすべての放送波で速報します。ワンセグでも見ることができます。NHKは災害対策基本法に基づく「国の指定公共機関」で、災害時に国民の生命・財産を守るため、情報を迅速・正確に伝える責務があります。災害の際は同一内容の情報を、あまねく十分に伝えることが必要であるため、全国放送で速報します。

質問速報内容はテレビとラジオで同じですか?

回答

速報内容は、テレビとラジオで基本的に同じです。

テレビはスーパーで速報し、視聴者がひと目でわかるように1画面で「緊急地震速報」というタイトル、震央の場所、「強い揺れに警戒」の呼びかけ、強い揺れの対象となる地域を表記します。対象地域は基本的には「都道府県単位」で表記しますが、情報量が多い場合には「地方単位」で伝えることになります。ラジオは通常番組を中断し音声で速報します。
テレビ・ラジオともに緊急地震速報用のチャイム音を鳴らして注意を喚起します。

質問緊急地震速報は緊急警報放送と同じですか?

回答

緊急地震速報と緊急警報放送は別のものです。緊急警報放送は、放送局から「ピロピロ」という警報音を兼ねた信号を送ることによって、特定の機能を持つ受信機を自動的に作動させ、深夜などでも災害情報を伝えようというものです。NHKでは、津波警報や大規模地震の警戒宣言などを、テレビとラジオのすべての放送波で速報します。
一方、緊急地震速報は気象庁が発表する防災情報です。