見たら・聞いたら

緊急地震速報を見たり聞いたりしたあと、強い揺れが来るまでわずかな時間しかありません。身を守ることを第一に、落ち着いて行動することが大切です。
具体的に、気象庁では次のように呼びかけています。

周囲の状況に応じて慌てずにまず身の安全を確保する!

家の中

机などの下に隠れ、まず身の安全

家の中での対応が基本であり、学校や職場などで緊急地震速報を見たり聞いたりした時の行動についても日ごろから十分考えておくことが重要です。

  • 頭を保護し、大きな家具から離れ、丈夫な机の下などに隠れる。
  • あわてて外へ飛び出さない。
  • その場で火を消せる場合は火の始末、火元から離れている場合は無理をして消火しない。
  • 扉を開けて避難路を確保する。

屋外

ビル近くではガラス落下などに注意

  • ブロック塀の倒壊や自動販売機の転倒に注意し、これらのそばから離れる。
  • ビルの壁、看板、割れたガラスの落下などに備え、ビルのそばから離れる。

運転中

ゆるやかに減速、急ブレーキをかけない

  • 後続の車が情報を聞いていないおそれがあることを考慮し、あわててスピードを落とさない。
  • ハザードランプを点灯するなどして、周りの車に注意を促したあと、急ブレーキをかけずに、緩やかにスピードを落とす。
  • 大きな揺れを感じたら、急ハンドル、急ブレーキを避けるなど、できるだけ安全な方法で、道路状況を確認して左側に停止させる。

列車・バス

つり革や手すりで揺れに備えを

  • つり革、手すりなどにしっかりつかまる。

大規模施設

出口や階段に殺到すると危険。落ち着いて行動を

施設の従業員らの指示に従うことを基本にする。施設従業員らから明確な指示が無い場合は、以下の対応を基本とする。

  • その場で、頭を保護し、揺れに備えて身構える。
  • あわてて出口・階段などに殺到しない。
  • つり下がっている照明などの下から退避する。