災害時の連絡だニャン

災害伝言ダイヤルの使い方

災害用伝言板の使い方(携帯電話・PHS)

災害用ブロードバンド伝言板(WEB171)

SNSなども役に立つ

番組内でもあったように、東日本大震災でもLINEやTwitter、FacebookなどのSNSを利用した安否確認、連絡が活躍しました。災害時は、なにが起こるかわかりません。家族間での連絡方法は、電話だけでなく、さまざまな方法を確保し、共有しておくほうが安心です。また、災害情報に関しても停電などを考慮して、各種の情報収集法を用意しておきましょう。電話、ラジオ、インターネットのほか、街中にある電光掲示板などのサイネージなどにも情報発信されます。自動販売機に電光掲示板が設置されているものもあります。災害時には多くのデマも出回ります。口コミなどの情報を入手しても、冷静に判断して行動することを心がけましょう。

※情報は常に更新されます。新しい情報を入手するよう心がけましょう。

監修:NPO法人プラス・アーツ イラスト:文平銀座

番組トップに戻る

PAGE TOP