トップページ > コラム > 執筆者一覧 > 佐藤 威

執筆者

佐藤 威 (さとう たけし)

執筆者 (独)防災科学技術研究所監事
理学博士

専門は気象学(大気境界層物理学)で、雪氷災害の発生予測モデル開発の一環として、吹雪の発達やそれによる視程障害について野外観測や低温室における実験に基づくモデル開発を担当。また、屋根雪に関連する事故発生危険度の研究も行っている。日本雪氷学会、日本雪工学会、日本気象学会等会員。著書には「雪と氷の事典」、「雪と建築」(いずれも分担執筆)などがある。

東北大学大学院理学研究科において気象学を専攻の後、同大学理学部を経て(独)防災科学技術研究所(当時、国立防災科学技術センター)に勤務。(独)防災科学技術研究所雪氷防災研究センター長を経て2013年4月より現職。

(独)防災科学技術研究所
http://www.bosai.go.jp/
※NHKサイトを離れます