トップページ > コラム > 執筆者一覧 > 福山 洋

執筆者

福山 洋 (ふくやま ひろし)

執筆者 国土交通省 国土技術政策総合研究所 住宅研究部長
工学博士

専門は、鉄筋コンクリート構造、耐震工学、構造設計法。これまで、建築物の地震や津波に対する構造設計法や、新しい構造技術の開発・評価に関する多くの研究プロジェクトに参加。また、地震被害の調査、基準の制定・改正への技術的な支援、構造技術や設計の審査・評定、海外への技術協力などに従事。著書に、「建築物の構造関係技術基準解説書」(全国官報販売協同組合)、「コンクリートのひび割れと破壊の力学―現象のモデル化と制御―」(技報堂出版)、「耐震構造の設計 学びやすい構造設計」(日本建築学会)、などがある。

1961年福岡県生まれ。東京理科大学工学部、同大学院工学研究科博士課程修了後、旧建設省(現 国土交通省)建築研究所入所。京都大学非常勤講師、名古屋大学非常勤講師、政策研究大学院大学客員教授、東京工業大学客員教授、などを併任。独立行政法人建築研究所構造研究グループ長を経て、
2015年より現職。