今回のゲスト:     アリ・アスターAri Aster  アメリカ出身の映画監督   1986年生まれ主な監督作へレディタリー/継承ミッドサマー
Eテレ 2020年3月6日(金)の放送内容アンコール

Featured Content
〜K's Interview〜

『ミッドサマー』
今回のゲスト
guest
アリ・アスターAri Aster
アメリカ出身の映画監督 1986年生まれ
主な監督作
へレディタリー/継承
ミッドサマー
“いまハリウッドの制作陣が最も組みたいクリエイター”とも呼ばれる33歳のホラー映画監督アリ・アスター。2018年の長編デビュー作『へレディタリー/継承』で数々の映画賞を受賞し、最新作『ミッドサマー』は、全篇が明るく鮮やかな色彩で展開される異色のホラーとして大きな反響を呼びました。『タクシー・ドライバー』や『アイリッシュマン』の監督として知られる巨匠マーティン・スコセッシも、「アリ・アスターの作品は単なる恐怖映画ではなく、それ以上」と絶賛したほどです。その作品づくりに込めた思い、そして「最も大きな影響を受けている」と語る日本のホラー映画について話しをうかがいました。
Kazuo:
The film in general is so bright and colorful and sunny that it kind of throws you off. I guess I imagine audiences going in picturing something else and then they're very disoriented and lost. Was that intentional on your part?
この映画は、とても明るく色彩豊かです。晴れた空のもとで話が進むので 、とまどいますね。本当にホラー映画なのかと混乱してしまう。それは、あなたの狙いどおりですか?
Ari Aster:
Yeah. I mean, we're very closely aligned with the protagonist, and she's already sort of living through this existential situation that has disorientated her. And then she ends up in this place ... which is touched by the midnight sun, and so it rarely gets dark, and I was excited about creating a place that kind of felt out of time.
そのとおりです。観客は主人公の目線を通してこの映画を見ますが、彼女は物語の最初から人生の意味を見失い、混乱した状況にあります。そしてたどり着いたのが、夜中に太陽がある場所。さらに混乱が深まっていくんです。時間のない空間を作っていくのは楽しかったです。
主人公のダニーは、家族を失い、恋人との関係にも悩みを抱える女性。山奥の不思議な村を彼女が訪れて始まる物語は、監督自身の私生活での出来事をもとに生まれたのだとか。
Ari Aster:
Yeah, I was going through a breakup at the time, and I had been looking for a framework that might open that up for me. And so the idea was to make an expressionistic breakup film that was sort of as big and operatic as a breakup feels ... But when you are the one going through a breakup, it can feel catastrophic, or like a death is happening, because in a way, one is.
そうなんです。恋人と別れてしまい、何か気持ちを発散できることをやりたいと考えていました。それで思いついたのが、失恋の気分を壮大に、オペラのように表現した別れの映画を作ることです。失恋は当事者にとっては大惨事であり、死と変わらないように感じるものですからね。
Kazuo:
I read that when you were younger, you spent a lot of time at video stores renting all of the horror films you could get your hands on. Why have they held your fascination?
若い頃はビデオレンタル店に通って、あらゆるホラー映画を見たそうですね。なぜ、それほど夢中に?
Ari Aster:
Well, it's funny. Horror films were really big for me when I was younger ... the genre just really captured my imagination. And there are actually more horror films from Japan that have impacted me than probably anywhere else, because so many of them are so ethereal, and the atmosphere is so dense. Films like "Kwaidan" and "Onibaba." And then there are so many recent horror films that have really impacted me, especially by Kiyoshi Kurosawa, like "Cure," which is really an important film to me.
おかしいですよね。若い頃は、本当にホラー映画に夢中でした。ホラーに想像力をかきたてられていたんです。その中でも、日本のホラー映画から最も大きな影響を受けています。幽玄かつ重厚な雰囲気のある映画がたくさんあるからです。例えば「怪談」や「鬼婆」です。どちらも私に大きな影響を与えた作品です。さらに、黒沢清監督の「CURE」、私にとってとても重要な作品です。
Ari Aster:
I'm hoping to move out of the genre as well — not out of it for good, but to come back to it later. And that I hope to jump from genre to genre and play in a bunch of different sandboxes.
これからは違うジャンルに挑戦したいですね。ホラーから永遠に離れるということではなく、ジャンルの垣根を飛び越えて、いろんなことを試そうと思っているんです。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る