今回のゲスト:     ディーン・デュボアDean DeBlois  カナダ出身の映画監督   1971年生まれ主な監督作リロ&スティッチヒックとドラゴンヒックとドラゴン2
Eテレ 2019年12月13日(金)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』
今回のゲスト
guest
ディーン・デュボアDean DeBlois
カナダ出身の映画監督 1971年生まれ
主な監督作
リロ&スティッチ
ヒックとドラゴン
ヒックとドラゴン2
宮崎駿監督に影響を受けてアニメ作家になり、ディズニーの「リロ&スティッチ」で評価を得たディーン・デュボア監督が、ドラゴンと人間の友情を描いた人気シリーズ「ヒックとドラゴン」。最終章となる「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」では、人とドラゴンの共存を目指す主人公のヒックが、ドラゴンをねらう敵から逃れるため、かつて父から聞いた「聖地」へ移住することを決意します。シリーズ集大成となる本作に込めたメッセージや思いをうかがいました。
Kazuo:
What do you hope Japanese audiences take away from the film?
日本の観客に この映画から何を感じてほしいですか?
Dean DeBlois:
Well, so much of my own sensibility is influenced heavily by Miyazaki-san. So, I hope that they see some of the wonder, and the world creation, and the relatable characters that have inspired me, you know, now translated into our world.
私の感性の多くは、宮崎駿さんの影響を強く受けています。ですから、日本の皆さんには、その影響を私なりに翻訳した世界観やキャラクターを見てほしいです。
I think my favorite is "My Neighbor Totoro," and that had a big impact on us even when Chris Sanders and I were making "Lilo & Stitch" back in our Disney days. But I think also the wonder, maybe, of "Princess Mononoke" or "Spirited Away"... these are films that have such a rich imagination, and yet you completely believe the world, and you believe the creatures that live within that world.
私のお気に入りは「となりのトトロ」です。ディズニー時代にクリス・サンダースと作った「リロ&スティッチ」にも大きな影響を与えています。「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」もそうですが、とても豊かな想像力を持つ映画であるにもかかわらず、私たちにその世界観を完全に受け入れさせ、その世界に生きる生きものを信じさせてくれます。
少年時代に見た宮崎アニメの影響で、世界観作りにこだわってきたというデュボア監督。1つの画面に数万匹のドラゴンを描くなど、スクリーンの隅々まで細かな要素を盛り込む理由とは?
Dean DeBlois:
In that case, we really just wanted to show how overcrowded their home island had become, and how unsustainable their way of life was. So we wanted to do it in a fun way, both outside, with all of the overcrowding within the buildings. But then, how do they eat? And what would a typical day at lunchtime look like on the island of Berk? And so we tried to crowd it with these many dragons and people and food as possible.
あのシーンでは、私たちは彼らの故郷の島がいかに過密になったか、そして彼らの生活様式がいかに持続不可能であるかを示したかったのです。建物の中と外の混雑ぶりを面白く描きたかったのです。そして、彼らの食べ方やバーク島での普段のランチタイムはどのようなものだろうと考えて、私たちはドラゴンと人間と食べ物を一緒に、可能な限り、画面に詰め込みました。
We do try to fill the background with as many interesting and entertaining elements as possible, because a lot of people see these films more than once, particularly if you're a parent. So, it's nice to have something to look at that you may have missed the first time around.
私たちは、できるだけ多くのおもしろい要素を、背景に盛り込むようにしています。なぜなら多くの人が、子どもの親であれば特に、こうした映画は数回見るものだからです。ですので、1度目に見逃したかもしれないものを見つけ出せるようになっているといいですよね。
大人も楽しめる物語を作るために意識すること
Dean DeBlois:
I think it's always a conscious balance of making sure that we try to be a little bit subversive with the storytelling so that it doesn't feel generic and familiar, to fill it with humor so that we're entertaining a younger audience, and also to tackle some more ... I guess mature and sophisticated tones. So, the balance is something we're always conscious of, and we always have to pull ourselves back from getting too heavy or too dark.
常にバランスを意識することですね。ストーリーがありきたりな感じにならないように少しひねりを加え、若い子たちが楽しめるようにユーモアをいっぱい盛り込み、同時により大人っぽい知的な感じを出すことです。そうしたバランスを常に意識して、重すぎたり暗すぎたりしないようにする必要があります。
3作目のテーマについて
Dean DeBlois:
I found it very resonant because Hiccup was a character who just didn't measure up.
私も共感するのですが ヒックは周りの期待に応えられないキャラクターだったんです。
The third film really tackles with this idea of Hiccup having gone from inept, and kind of always in the way, a complete failure, to someone who is accomplished and respected and even powerful because of his association with his dragon. And that's kind of the grand idea, the full arc of his transformation over the course of the three stories.
3作目がテーマとして取り組むのは、ヒックの成長ぶりです。無能でダメダメな人間から、自分のドラゴンとのつきあいを通して多くを成し遂げ、尊敬されるようになります。これは3つの物語の中で彼の成長を描く壮大なコンセプトです。
Kazuo:
Is there anything that you would want to say to the audience?
何か視聴者に伝えたいことがありますか?
Dean DeBlois:
I would just like to say for myself, a young boy growing up in Canada, I was so inspired by the animated films that came from Japan, and just the continued inspiration I've taken in my professional career. I owe a lot to the artistry, the wonder, the imagination of Japanese film, and I am so pleased to be here to release our film to all of you.
カナダで子供時代を過ごした私は、日本のアニメから大きな影響を受け、今も影響を受け続けながら、プロとしてのキャリアを積んできました。日本映画の芸術性、驚くべきすばらしさ、想像力から多大な恩恵を受けているので、ここ日本で私たちの作品を皆さんに見てもらえることを、とてもうれしく思います。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る