今回のゲスト:  ロバート・ロペスRobert Lopez アメリカ出身主な作品くまのプーさんアナと雪の女王    クリステン・アンダーソン=ロペスKristen Anderson-Lopez アメリカ出身主な作品くまのプーさんアナと雪の女王
Eテレ 2019年12月6日(金)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『アナと雪の女王2』
今回のゲスト
guest
ロバート・ロペスRobert Lopez
アメリカ出身
主な作品
くまのプーさん
アナと雪の女王
guest
クリステン・アンダーソン=ロペスKristen Anderson-Lopez
アメリカ出身
主な作品
くまのプーさん
アナと雪の女王
“姉妹の絆”と“真実の愛”を描き大ヒットとなった「アナと雪の女王」。そのテーマ曲Let It Go 『レット・イット・ゴー』は、物語と共に一大ムーブメントを巻き起こし、アカデミー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞しました。この楽曲を夫婦で手がけたのが、ロバート・ロペス氏とクリステン・アンダーソン=ロペス氏。前作に引き続き『アナと雪の女王2』でも楽曲を手がけたお二人に、ヒット曲を生み出す秘訣をうかがいました。
Kazuo:
What was the most important thing for the two of you when making the music for this film?
この映画の楽曲制作で、一番大切なことは何でしたか?
Kristen Anderson-Lopez:
Well, I think the most important thing for any movie that we do is to make sure that we are using the songs to tell the story. And that we work very, very closely with our collaborators, Jennifer Lee and Chris Buck, who are some of the best storytellers in the world. And that we would trust them, and we would make suggestions, and they would make suggestions and that the music would spring organically out of those discussions.
私たちが携わるどの映画でも、一番大切なことは、歌を通して物語が語られているようにすることです。そして、監督のジェニファー・リーとクリス・バックと密接に協力することです。世界でも有数の作家である彼らとです。私たちは彼らを信頼し、お互いに提案しあい、その議論から音楽が自然と生まれてくることが大事なのです。
エルサが歌うInto the Unknownで表現されているものは?
Kristen Anderson-Lopez:
We knew that we needed a song where Elsa really was asking the question of like, "Where do I belong? Is this where I belong?" And with the collaborators, with Jennifer Lee and Chris Buck, we created this voice that sort of represented that unbearable restlessness we have.
私たちは、エルサが問うような曲が必要だと分かっていました。「自分の居場所はどこなのか?ここでいいのか?」という問いです。監督のジェニファー・リー、そしてクリス・バックと共に、耐えがたい落ち着きのなさを表現する声を作りました。
Robert Lopez:
The story is really a mystery. That's what makes it different from the first movie. It's a different genre; it's a mystery. So, the music had to reflect that mystery, otherwise the music would feel extraneous. So, we have the mysterious voice, and we have air of mystery.
この物語はミステリーです。それが1作目との違いです。別のジャンルであるミステリーなのです。その謎を反映した音楽でないと、異質なものに感じてしまう。だから、神秘的な声と神秘的な雰囲気があります。
Kazuo:
Would you do me the honor of maybe performing a snippet?
少し演奏していただけませんか?

Every day's a little harder as I feel my power grow!
Don't you know there's part of me that longs to go ...
Into the unknown?
Into the unknown!
Into the unknown!!
Kristen Anderson-Lopez:
♪Into the unknown?
... which is in safe octave. We know "octave doe, doe, doe." And then ...
これは安全な1オクターブの中で歌われます。ド、ド、ドといった私たちの知っているオクターブです。
Robert Lopez:
It's the safe boundaries of our comfort zone.
居心地よく感じる場所、安全の境界内です。
Kristen Anderson-Lopez:
And then ... ♪Into the unknown!
She steps a toe outside of her boundaries but comes back home. And then when she feels safe to do that, she gives over to it and goes ...
エルサは境界の外に片足を踏み出すけど、家に戻る。そして安全だと感じると、身を委ねて未知の方へ進みます。
♪Into the Unknown!!
That's an 11th. That is like Elsa has left the building. So, it mirrors the story that we're telling in the film.
音程を11度上げました。エルサが城を去ったような感じ。映画の中で語っている物語を反映しています。
登場するキャラクターと楽曲の関係とは?
Robert Lopez:
We have the characters. We knew the characters, and we knew a little bit about how they sang. Anna is more of a fairy tale character and Elsa is more of a mythic character. So, the music reflects that still. And then Kristoff, he hadn't really gotten a song in the first film, so we had to figure out what Kristoff's music was, and I think we made a good choice there.
登場人物はすでにありました。私たちの中にキャラクター像があり、彼らがどのように歌うのか、少しだけ分かっていました。アナはおとぎ話に出るような人物で、エルサは神話に出るような人物です。だから今回も、それを音楽に反映しています。クリストフは1作目でちゃんとした歌がなかったので、彼の音楽が何か見つけ出さなければいけなかった。私たちは良い曲を作ったと思います。
Kazuo:
I really loved how you brought that up because I think one of the songs that really stood out to me is Kristoff’s ...
クリストフの話を出してくれてうれしいです。僕にとって、クリストフの歌はとても印象的だったので。

When did I become the one who's always chasing your heart?
Now I turn around and find I am lost in the woods
North is south, right is left when you're gone
I'm the one who sees you home
But now I'm lost in the woods
And I don't know what path you are on
I'm lost in the woods
Kristen Anderson-Lopez:
We said the wrong lyric though. Do we want to go back and just ...
歌詞を間違えちゃったけど。やり直す?
Robert Lopez:
No, no.
いや。
Kristen Anderson-Lopez:
The most important thing we found with Kristoff's song is the ... Sven says, "You feel what you feel, and your feelings are real." If boys, especially, can hear that and actually own that they are allowed to feel sad, they're allowed to feel rejected, they're allowed to be vulnerable, Kristoff does it, then we've done our job.
クリストフの歌で、一番大切なことはスヴェンが言うの。「自分が感じていることと自分の気持ちが本物」だと。特に男の子たちに、そのメッセージを受け止めてほしいです。悲しんだり、拒絶されて落ち込んだりしていいんだ、弱い自分を見せていいんだと、クリストフのようにそう受け取ってもらえたら、私たちは務めを果たしたことになります。
物語が作られるのと同時進行で行われる楽曲づくり。その苦労とは?
Kristen Anderson-Lopez:
As the story is locking, the song is sometimes changing. So, I think we wrote one version, and then three months later, a whole story thing changed, and we had to rewrite that whole first verse.
物語が確定していく過程で、時に曲は変化します。ひとつのバージョンを書いたのですが、3か月後にはストーリー展開が変わり、1節目を書き直さなければいけませんでした。
Robert Lopez:
You have to be adaptable. You can't be too precious about what you wrote.
柔軟に適応しなくてはならず、自分の曲に凝りすぎてはいけません。
Kristen Anderson-Lopez:
I guess a few years ago, we realized that instead of feeling so sad every time a song falls on the floor ... because for Frozen 1, we wrote 20 songs that didn't get in the movie. There were seven and a half songs in the movie. For this one, we've written seven songs that didn't get in the movie. But now we say, "You know, it's a good excuse to write another song together, which is what we love to do anyway." Even when we are on dates or on vacation, we write songs about things. So, to realize that it's not a loss or a failure. It just means we get to wake up tomorrow and do it again.
数年前、曲が採用されないたびに落ち込まないほうがいいと気づいた。なぜなら、1作目では映画に入らなかった曲が20曲もありました。採用は7曲半だけ。今作でも映画に入らなかったのが7曲あります。でも今、私たちはこう言います。「一緒にもう1曲作る良い理由になるね」「それが本当に やりたいことだしね」と。デートや休暇中でも、私たちは曲を書きます。ですので、それが損や失敗ではないと気づくことです。明日も朝起きたらもう一度自分たちがやりたいことができる、それだけです

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る