今回のゲスト:     マッツ・ミケルセンMads Mikkelsen  デンマーク出身 1965年生まれ主な出演作007/カジノ・ロワイヤル偽りなき者ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
Eテレ 2019年11月15日(金)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『残された者-北の極地-』
今回のゲスト
guest
マッツ・ミケルセンMads Mikkelsen
デンマーク出身 1965年生まれ
主な出演作
007/カジノ・ロワイヤル
偽りなき者
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
マイナス30度の北極圏。遭難し独り取り残された男は、なんとか命をつなぎながら、救助を待つ日々を送っていました。しかし、墜落したヘリコプターのパイロットを助けようと決心したことをきっかけに、男は自らの足で「生き抜く」ために、動き出します。アイスランドで実際に行われた過酷なロケの様子について、主演のマッツ・ミケルセンに話を伺いました。
Kazuo:
This is a harrowing tale of survival set in the Arctic and there's a real sense of danger. How was it for you filming?
この映画は北極圏での危機感がリアルでした。撮影のときは、いかがでしたか?
Mads Mikkelsen:
Yes, it was pretty much what you see. I mean, it felt like it — I mean, luckily we are not in the same situation. We have a camera crew and we have a home, we can go back to a warm bed, but we spent 12, 15, 16 hours out there with a ... in this kind of weather, and it does take a toll. You are drained when you get back, and it was super cold. So we got some free gifts from the nature, and it's just all about grabbing on to them and using them.
ほとんど映画のままの体験でした。もちろんカメラクルーもいたし、宿の暖かいベッドに帰ってこられましたが、いてつく中で12~16時間も過ごすのはやはり体にこたえます。帰ってくる頃には疲れ果てていて、しかも極寒です。そうした自然の撮影条件、いわば自然の恵みを逃さず利用しました。
Kazuo:
How do you approach portraying a character who's so quiet or who doesn't really have anyone to talk to?
セリフが少ない主人公を演じるうえでの工夫はありましたか?
Mads Mikkelsen:
Pretty much the same way I would do any character. I often say that in a normal film with a lot of dialogue you still have these private moments where there's no dialogue and you're all by yourself in your room, and the audience get to see what’s behind the veil of the character, and this was just one very long private moment. So we approach it the same way. We are obviously ... we're paying attention to the fact that taking a tool away — which is language — from an actor is a big thing. And then we should be aware not to overcompensate by doing something extra, and just try to stay honest with the story.
どのような役でも同じです。セリフが多い役でも黙って独りでいるシーンはあります。登場人物の行動の裏にある気持ちを観客に伝えなければなりません。この映画は、独りの時間が長いだけで、アプローチは変わりません。役者からセリフを奪うのは大きなことですから注意が必要ですが、無駄な演技をやりすぎず、ストーリーに忠実であるべきです。
英語やフランス語、ロシア語など6か国語を話せるマルチリンガルだと言われるマッツ・ミケルセンさん。デンマークでどのように外国語を学んだのでしょうか。
Mads Mikkelsen:
I think that Scandinavians and maybe Holland as well have a — traditionally, we have never dubbed anything on TV or film. Meaning that if we watch an American film we will hear the American voice. Or in English, or Japanese, or French. I think it's got a lot to do with what's on the television. We get to hear it from when we're very small. Even our children will be able to communicate, somehow, when they are five years old, even though we didn't teach them.
私のふるさとでは、昔からテレビや映画の吹き替えをしません。アメリカの映画は英語のまま、日本やフランスの番組も吹き替えません。だから小さい頃からテレビの番組を見ることで、英語に慣れていくのです。教えなくても、みんな5歳になれば自然と英語を話せるようになります。
Kazuo:
So you are very exposed to it from a young age?
幼い頃から英語に触れているんですね?
Mads Mikkelsen:
Yes, we are, and not only English but every language. They are very tightly connected with the culture as well. I fall in love with all languages if I spend time with them. Some can feel harsh in the beginning but then when you learn them you can see all the nuances and it grows on you, right.
英語だけではなく、さまざまな言語を耳にしていました。どの言葉もそれぞれの文化と強く結びついているので、その言語を知れば知るほど恋に落ちてしまいます。最初は耳にするだけで大変に感じる言語もありますが、だんだんニュアンスが分かるようになり、とりこになるのです。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る