今回のゲスト:     キアヌ・リーブスKeanu Reeves  レバノン出身 1964年生まれ主な出演作「ビルとテッドの大冒険」「スピード」「マトリックス」
Eテレ 2019年10月4日(金)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『ジョン・ウィック:パラベラム』
今回のゲスト
guest
キアヌ・リーブスKeanu Reeves
レバノン出身 1964年生まれ
主な出演作
「ビルとテッドの大冒険」
「スピード」
「マトリックス」
キアヌ・リーブス演じる凄腕の元殺し屋ジョン・ウィックの生き様を描く「ジョン・ウィック」シリーズ。5年前に公開された第1章は、亡き妻の形見だった愛犬を殺害されてマフィアに復讐する物語、第2章は殺し屋界のおきてを破り、追われる身となる物語でしたが、第3章となる最新作「ジョン・ウィック:パラベラム」は、約15億円の懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちから狙われるジョン・ウィックの壮大な逃亡劇となっています。
SNSとの関わりについて
Kazuo:
Your reputation on the internet is kind of unsurpassed for your acts of kindness. Where would you put yourself on that spectrum of those ... image people have?
あなたの親切な行動はネット上で、ものすごく高い評判です。映画の役とネットのイメージ、どちらがあなたに近いですか?
Keanu Reeves:
Whatever the other is, I don't know, both of those sound like ... I don't know, I am not as fearsome, I am not whatever the other thing you were saying, so, yeah, I don't know.
ネット上のイメージと映画の役柄どちらも…。
ジョン・ウィックほど恐ろしくはないし、ネットで言われているほど親切でもないし、わからないですね。
Kazuo:
Do you have a relationship with social media in any way?
SNSとの関わりは少しでもありますか?
Keanu Reeves:
Not really, I don't really participate in it. Sometimes people tell me about stuff and I'll check it out.
ほとんど使っていません。あまり参加はしていないんです。たまに誰かがSNS上のことを教えてくれるので、そのときにちょっと見てみるくらいですね。
最新作「ジョン・ウィック:パラベラム」について
Kazuo:
In the previous films, your motivation has been clearly revenge for example or out of obligation. And this film is kind of ... a little different, you are fighting for your own life or fighting for your own memories. Is there a different way you approached the character in that sense?
前の2作は復しゅうや借りを返すというわかりやすい動機でした。ですが今回の動機は自分自身の命や思い出のためです。
Keanu Reeves:
I would say those things were always true, but I think the circumstances, this one, I would say, broadly, he is more being hunted. I think there is a little more vulnerability to the character in the Chapter 3, than ... I mean, yeah, a different kind of vulnerability.
前の2作もそうだった部分があると思いますが、今回の設定では彼は追う側ではなく追われる立場です。ですので、この3作目では彼はより弱い立場に置かれているというか、今までとは違う無防備さがあります。
Kazuo:
The way he looks and the way he carries himself and the injuries he incurs ...
彼の姿はとても傷だらけで ...
Keanu Reeves:
Yeah, it looks like he's having some consequence.
だいぶこたえているようだよね。
Kazuo:
How much of that is makeup and how much of that is actually after all the filming?
傷はどのくらいがメイクで、どのくらいが撮影でのものですか?
Keanu Reeves:
Definitely all makeup!
Makeup ... once in a while I get some of those, yeah, makeup. But that limp—that might be real.
もちろん全部メイクだよ!
手の傷はメイクだし、銃は...撮影でついたものもあるかもね。もちろん顔もね。でも足を引きずるところは、もしかしたらリアルかもしれないよ。
Kazuo:
I’ll have to take another look ...
もう1度見てみないと。
Keanu Reeves:
I would say there's a kind of big, epic, super fight sequence at the end of the film, and that was probably the most physically demanding because it was about nine, I guess, all told, like, 11 days of fighting. So you're fighting 10 hours, sometimes 12 hours a day—that’s intense.
クライマックスに壮大な戦闘シーンがあります。そこが肉体的に一番きつかったですね。約9日間 のべ11日間くらい戦っていたので1日に10時間、多いときは12時間戦い続けたので大変でした。
Kazuo:
And you do your own stunt work in the film ...
映画では自分でスタントをこなしていますが ...
Keanu Reeves:
I don't do stunts. I do action.
スタントはしないよ。アクションをするんだ。
Keanu Reeves:
Immersion works no matter how old you are, right?
何かに没頭することは、いくつになってもできますよね?
Kazuo:
I think so. As long as you have a goal in mind.
そう思います。目標さえあれば。
Keanu Reeves:
The goal in mind, yeah.
そのとおりだね。
Kazuo:
When you do your action pieces in this film, do you have a goal in mind?
アクションシーンでの目標はありますか?
Keanu Reeves:
Yes, it's “do your best.”
But ... yeah, I mean I think it's just application isn't it? You know, to spend the time, and to think about it, and to really focus in on it.
もちろん。ベストを尽くすということさ。
でも結局はたゆまぬ努力なんじゃないかな? 時間をかけて自分で考えてしっかりと集中することです。
Kazuo:
We know what keeps John Wick going, what keeps you going?
アクションを今もこなす、あなたの動機はなんですか?
Keanu Reeves:
Just a love of the film, the love of the character, is a real inspiration. Just loving the character and the story, and wanting to do my best, and yeah, it's really what drives it.
映画に対する愛とキャラクターへの愛ですね。それが僕を突き動かします。キャラクターやストーリーが好きで、だから自分のベストを尽くしたいと思うし、そういう気持ちが僕を動かしています。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る