今回のゲスト:     マーク・ニールセンMark Nielsen  アメリカ出身の映画プロデューサー主な作品トイ・ストーリー4
Eテレ 2019年8月23日(金)の放送内容アンコール

Featured Content
〜K's Interview〜

『トイ・ストーリー4』
今回のゲスト
guest
マーク・ニールセンMark Nielsen
アメリカ出身の映画プロデューサー
主な作品
トイ・ストーリー4
1996年、「バグズ・ライフ」(1998)のモデリングおよびシェーディング・コーディネーターとして、ピクサー・アニメーション・スタジオに入社。「トイ・ストーリー2」(1999)、「カーズ」(2006)、「インサイド・ヘッド」(2015)など、多くの作品に参加してきたニールセン氏。プロデューサーとして手がけた初の長編映画「トイ・ストーリー4」の見どころと、数々のヒット作品を生み出すピクサーの強さがどこにあるのかを語ってくれました。
Kazuo:
How was it like for you revisiting these characters?
「トイ・ストーリー」のキャラクターと再び仕事をするというのは、いかがでしたか?
Mark Nielsen:
We love these characters almost more than any other characters in any of the Pixar films. We built that studio on these characters. So to be able to bring Buzz and Woody back to the screen again, after all of these years ... it's kind of emotional for all of us that worked on it.
私たちは、ピクサー映画のどのキャラクターよりも彼らを愛しています。ピクサースタジオは、彼らを礎にして築き上げられました。こうして何年もたってバズやウッディを再び映画に呼び戻せたことは、制作に関わる私たち全員にとって感動的なことです。
And to kind of be there so early in the days of the studio — there was maybe 200 people when I first started there, and now it's about 1,200 people.
私が仕事を始めた当初、スタッフは200人ほど。今では、およそ1,200人もいます。
In "Toy Story 4," we've got this antique store that was the greatest technical challenge that we faced on the film. There's literally over 10,000 objects that had to be built, shaded, and lit, and set dressed to look like a store.
最新作に出てくる骨とう店は、技術的に最も難しかったシーンです。10,000以上の物すべてに陰影をつけ、本物らしく仕立てあげました。
Kazuo:
I think it was stunning. I mean, there were some scenes with lights in particular that were so interesting.
驚くほど、すばらしかったです。特に、照明にはひかれました。
Mark Nielsen:
Yes, we put a lot of love into that set. There is ... we wanted to have dust in the air to make it feel like an old antique store would, the spider webs that are kind of behind the shelves. We just wanted a lot of visual richness to that environment to make it feel believable — and a little spooky. That environment is supposed to be kind of a terrible place for a toy to live.
あのヴァーチャル空間には、愛情をたっぷり注いだんです。古い骨とう店の雰囲気を出すため、空気に舞うほこりを表現しました。棚の後ろには、クモの巣も描いています。リアルで少し気味が悪い感じを生み出すため、視覚的に豊かな表現を求めました。おもちゃが生きていくのには恐ろしい場所ですから。
The sets department has a shading group within the sets department that puts all the surface textures on the chairs, and they make the crystal chandeliers look like crystal chandeliers. And then there's a lighting department that really adds a lot of visual complexity with the lights.
背景専門で陰影をつけるチームがあり、椅子の質感などを担当します。クリスタルのシャンデリアを、本物のクリスタルのシャンデリアのように見せるのです。そして光を加えるチームは、視覚的に複雑な効果を与えます。
Kazuo:
What is it about Pixar from your perspective that allows it to keep consistently producing films that push?
ピクサーはなぜ毎回、革新的な映画を生み出すことができるのでしょうか?
Mark Nielsen:
Yeah, it's all about the people and the spirit that is in the people that work at that studio. When you've got a team of really highly talented creative folks pouring themselves into a story, trusting each other to give each other notes even when something is not working, and ... but all in alignment toward what's gonna serve the film and make the film better ... I think that process and the spirit in the people is what's made these films as good as they have been.
まさにスタジオで働く人々の気持ちと、精神そのものです。高度な技術を持つクリエイターたちが、物語の世界に没頭しています。お互いを信頼し、批判されても積極的に耳を傾けるのです。こうした過程や人々の精神力が、作品をあそこまでのクオリティーに高めてくれるのです。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る