今回のゲスト:     ジョシュ・クーリーJosh Cooley  アメリカ出身の映画監督 1980年生まれ主な監督作トイ・ストーリー4
Eテレ 2019年7月19日(金)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『トイ・ストーリー4』
今回のゲスト
guest
ジョシュ・クーリーJosh Cooley
アメリカ出身の映画監督 1980年生まれ
主な監督作
トイ・ストーリー4
クーリー監督は、16年前にピクサー・アニメーション・スタジオのストーリー部門にインターンとして入社。最初に担当したのは、「カーズ」(2006年)のキャラクターの色を塗ることだったそうです。その後「インサイド・ヘッド」(2015年)で絵コンテのチーフを担当、そして監督のピート・ドクターらと共に脚本を担当し、アカデミー賞脚本賞にノミネートされました。長編映画の監督は今回が初めて。長年の夢をかなえた今の心境をお話しいただきました。
Kazuo:
Mr. Cooley, I heard it was a dream of yours to direct a film. What is it like realizing that dream?
映画監督になるのが夢だったそうですが、実現した今のお気持ちは?
Josh Cooley:
It's crazy. I love it. I had so much fun working on this film. I had an amazing cast that's been these characters for 25 years, but the crew as well, at Pixar. We've worked on these films for a long time. So it was so much fun to work on a Toy Story film.
最高に嬉しいよ。25年も変わらず登場しているキャラクターを演じてきたピクサーのすばらしいキャストとスタッフのおかげで、本当に楽しく取り組むことができました。このシリーズには長年取り組んでいますからね。「トイ・ストーリー」は最高に楽しいプロジェクトでした。
Kazuo:
What was the journey like? How did you make that dream a reality?
夢を実現するまでの道のりは、どのようなものでしたか?
Josh Cooley:
I started working at Pixar 16 years ago, and I started off as an intern in the story department. And so I would work on the first Cars – I think that was my first film. And I just started by coloring in Lightning McQueen's red. And I just kept working hard, and became a story artist drawing storyboards, and then I worked on Inside Out doing writing and being the head of the story department. And then on Toy Story 4, I was asked to direct the film, and I said yes.
16年前に、インターンとしてピクサーの絵コンテを描く部署で働き始めました。最初は「カーズ」を担当しました。最初の作業は主役の車を赤くペイントすることでした。そのあとはとにかく一生懸命働いて、絵コンテのアーティストになりました。それから「インサイド・ヘッド」で絵コンテのチーフを担当しました。そして「トイ・ストーリー4」の監督をやってみないかと聞かれたので、「やる」って答えたんです。
Kazuo:
What was the moment on set or during the production where you felt like, oh, this is real, this is really happening?
制作中に、これは現実だと実感したのはどんな瞬間でしたか?
Josh Cooley:
The very first time that it really hit me that I was working on Toy Story movie is ... we had already recorded a bunch of the voices, and we had done a lot of the animation, and we do the music last — we do the score at the end. And the very first day that we were doing the score, we were there on the stage with Randy Newman, the composer, a hundred-piece orchestra, and the movie was playing silently behind the glass. And I was watching the film as they were playing the music, and that first scene that they started playing the music to, I just started crying. And it was the first time that really hit me, like, this is a Toy Story movie. It was after we had recorded all the voices and everything else — that was the first time. I think it was 'cause all the pieces were finally coming together, and it was overwhelming.
「トイ・ストーリー」の監督になったことを最初に実感した瞬間は…作品は先に声とアニメーションの大部分を仕上げ楽曲は最後に取りかかるのだけど、その音楽作業の初日のことでした。僕らは作曲家のランディ・ニューマンと100人のオーケストラとステージにいたんです。ガラス越しに無音で映像が流れていて、最初のシーンに音楽が合った瞬間、思わず涙がこぼれました。これが「トイ・ストーリー」だって実感したんです。声やその他の要素全てが初めてそろって、やっと1つになる瞬間だったから、胸がいっぱいになったよ。
Kazuo:
Has there been anything that has been a surprise to you about being a director or having gone through your career up until this point and then actually stepping into the director's chair?
監督になって、予期外の出来事はありましたか?
Josh Cooley:
You're never quite prepared for it until it actually ... until everybody is looking at you for an answer and you have to give one. So the thing I learned along the way is how important it is to delegate decisions to people who are smarter than you. And there are a lot of smarter people than me at Pixar. So I would rely on their expertise all the time.
皆が自分の方を見て指示を待っていて、それに答えなければいけない。その立場に置かれて初めてどうしようってなるんです。そして、これまでやってきて学んだのは、自分より優れた人に判断を委ねることも大切だということです。ピクサーには私より頭のいい人がたくさんいるので。いつも彼らの助言に頼っています。
「トイ・ストーリー4」で、子供に寄り添うおもちゃたちを描いたクーリー監督。自身の子供との向き合い方を聞きました。
Josh Cooley:
My kids are eight and 10 and they have iPads, and they play their video games on them and stuff. But they also have toys, and my daughter, I'm remembering when she would take her iPad and actually make small movies with her toys.
僕の子どもは8歳と10歳なんだけど、2人ともiPadを持っていて、それでビデオゲームなんかをしています。でも、普通のおもちゃもあるから、娘なんて自分のiPadでおもちゃを使った短い映画を作っていたのを覚えていますよ。
Kazuo:
Would you mind me asking if you've ever had a #adulting moment or a parenting moment?
今までに#adultingな瞬間、あるいは#parenting(親になるということ)を実感する瞬間はありましたか?
Josh Cooley:
I feel like every day I am having a #parenting moment, good and bad, just trying to ... that's another way I guess I'm like Woody — I'm just trying to figure it out as I'm doing it. And as a parent, you're never going to get it 100% right, but at least you're trying, and that's best you can do.
毎日、良くも悪くも#parentingな瞬間は感じます。まあ、やりながらどうやってやればいいのかを模索している状態かなと思っています。それに親として100%正しいというのはありえないわけですが、少なくとも自分のベストを尽くして努力しているということですね。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る