今回のゲスト:  ブラッドリー・クーパーBradley Cooper アメリカ出身 1975年生まれ主な出演作世界にひとつのプレイブックアメリカン・スナイパー    レディー・ガガLady Gaga アメリカ出身 1986年生まれ主なアルバムザ・フェイムボーン・ディス・ウェイ
Eテレ 2018年12月27日(木)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『アリー/スター誕生』
今回のゲスト
guest
ブラッドリー・クーパーBradley Cooper
アメリカ出身 1975年生まれ
主な出演作
世界にひとつのプレイブック
アメリカン・スナイパー
guest
レディー・ガガLady Gaga
アメリカ出身 1986年生まれ
主なアルバム
ザ・フェイム
ボーン・ディス・ウェイ
「スター」とは何か?
Bradley Cooper:
I mean, for this movie, it's being able to completely be yourself, know who you are, and be willing to share with the world. And that's why the end of the movie is really the moment where she becomes a star. At least what the movie is trying to say.
今作におけるスターとは、完全に自分自身になれること、本当の自分を知り、それを世界に向けて伝えられる人です。映画のラストシーンは、アリーがスターになる瞬間なんです。この映画が伝えたいもの、そのものです。
Lady Gaga:
Bradley as a filmmaker did such a beautiful job of showing stardom also as the courage in the human spirit, bravery, the ability to persevere. I think that stardom for any human being, whether you are a performer or not, it is this bravery.
ブラッドリーは監督として、スターとは何かということだけではなくて、勇気や忍耐といった人間性についても表現したわ。パフォーマーであれ、パフォーマーじゃなくても、人間にとってスターであることは勇気なのよ。
夢を抱いている人にアドバイスを
Bradley Cooper:
Don't listen to anybody and try to really nourish whatever that dream is inside you by practicing it. Whether it's with your friends, whether it's by yourself, try to find a community. That's the key. And just be relentless in your pursuit.
誰が何と言おうと気にせず、努力して、自分だけの夢を育ててほしい。仲間と一緒でも、ひとりでも、どこか打ち込める居場所を見つけることが大事です。そして、追い求めるものに、がむしゃらでいることです。
Lady Gaga:
Tony Bennett told me that Duke Ellington told him, he said, "I've got two major pieces of advice for you. Number one, don't give up. And number two, always listen to number one."
デューク・エリントがトニー・ベネットに、そして、トニーが私に言ってくれた言葉です。「2つ助言がある。1つめは、諦めないこと。2つめは、1つ目(諦めないこと)に常に耳を傾けること」

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る