今回のゲスト:  リッチ・ムーアRich Moore アメリカ出身 1963年生まれ主な監督作シュガー・ラッシュズートピア    フィル・ジョンストンPhil Johnston アメリカ出身 1971年生まれ主な監督作シュガー・ラッシュズートピア
Eテレ 2018年12月13日(木)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『シュガー・ラッシュ:オンライン』
今回のゲスト
guest
リッチ・ムーアRich Moore
アメリカ出身 1963年生まれ
主な監督作
シュガー・ラッシュ
ズートピア
guest
フィル・ジョンストンPhil Johnston
アメリカ出身 1971年生まれ
主な監督作
シュガー・ラッシュ
ズートピア
「シュガー・ラッシュ:オンライン」のテーマは?
Rich Moore:
The relationship between Ralph and Vanellope, the friendship, we consider that, that is the heart. That is what on our movies, the bond between the two main characters is what we call the heart of the film. We wanted it to feel very, very authentic to a true friendship of the bumps that come along when things in life change.
ラルフとヴァネロペの関係性、つまり友情が見どころです。2人のキャラクターの絆、この映画の核心と言えますね。私たちは、人生の転機に起こる友情の衝突をリアルに描きたかったのです。
Phil Johnston:
It is that friendships and all relationships do have challenges. And very few of them get by without any bumps. And so, the fact that you can overcome these challenges and actually a friendship can grow stronger because of them. I think that would be a great message for kids and families to take away from the film.
友情を含め、全ての関係に難関があります。何も問題がない関係性なんて少ないですよ。難関を乗り越える度に絆は深まります。それが、この映画からの子どもたちや家族へのメッセージです。
リッチ・ムーア監督がSNSで、彼の作品である「シュガー・ラッシュ」や「ズートピア」のキャラクターを描いて投稿するファンたちに、感想やアドバイスを投稿していることについて
Kazuo:
What is your relationship with social media?
SNSとの関わりは?
Rich Moore:
I love to interact with fans on Twitter and Instagram. How vulnerable that can make you feel to share something that you have drawn, that is inspired by the person that you are sharing it with. And I think that is a really important interchange or exchange that happens between the artists. And I want to be there for them.
ツイッターやインスタグラムでのファンとの交流が大好きです。自分の描いた絵を、影響を与えてくれたアーティスト本人に見せることは、とても不安になるものです。私は、絵を描く人たち同士の交流は、とても重要なことだと思います。私は、そんな彼らのために、その場(SNS上)に存在していたいのです。
Phil Johnston:
Well now, I feel bad for not being on social media.
SNSをやっていないから、罪悪感を感じるよ。
Rich Moore:
Yes. Well ...
ああ、そうだね…。
Kazuo:
In the end, it does feel that the movie as a whole has a hopeful view of what social media can be, or what the Internet can be. Is it fairly characterized it that way?
映画を通して、SNSやインターネットでは何ができるのか問いかけているように感じました。そのように感じ取っても良いでしょうか?
Phil Johnston:
I would say our relationship to the Internet as filmmakers is probably like that of anyone in that. It's one of the great inventions of our time and also has areas that make it one of the biggest and worst weapons of our time. And I would prefer to put an audience to leave the movie with the sense of hope in that — that something like Twitter, Facebook, or whatever could be this tool for great exchanges of ideas, and love, and friendship, and wouldn’t have to be where venom is spewed exclusively.
映画制作者としてのインターネットとの関係は、ほかの人と変わりはないでしょうね。インターネットは最高の発明で、同時に最大で最悪な武器であるとも言えますね。映画を見た観客には、その中から、何か希望を感じてもらいたいです。ツイッターやフェイスブックなどは、アイデアの交換や、愛・友情などの交流の場としてのツールです。独占的に毒づくための場所になる必要なんてありませんよ。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る