今回のゲスト:  ラミ・マレックRami Malek アメリカ出身 1981年生まれ主な出演作ナイトミュージアムMR. ROBOT/ミスター・ロボット    グウィリム・リーGwilym Lee イギリス出身 1983年生まれ主な出演作ホロウ・クラウン/嘆きの王冠ツーリスト    ジョー・マッゼロJoe Mazzello イギリス出身 1983年生まれ主な出演作激流ジュラッシック・パーク
Eテレ 2018年11月22日(木)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『ボヘミアン・ラプソディ』
今回のゲスト
guest
ラミ・マレックRami Malek
アメリカ出身 1981年生まれ
主な出演作
ナイトミュージアム
MR. ROBOT/ミスター・ロボット
guest
グウィリム・リーGwilym Lee
イギリス出身 1983年生まれ
主な出演作
ホロウ・クラウン/嘆きの王冠
ツーリスト
guest
ジョー・マッゼロJoe Mazzello
イギリス出身 1983年生まれ
主な出演作
激流
ジュラッシック・パーク
Kazuo:
What are the highlights of this film?
この映画の見どころは?
Rami Malek:
What made this film really spectacular for me are you get to see songs we have heard for decades, songs that are in our DNA. We watch these beautiful songs come to fruition and then worked on in the recording studio and then put on stage in a way that cinema today can almost deliver what feels like being at the concert like sitting in the first few rows.
私にとって、この映画を本当にすばらしいものにしたのは、私たちが何十年も聴いてきた、私たちのDNAに刻まれた曲です。それらの名曲が、どうやって生まれ、どのようにスタジオで録音され、ステージで披露されたのかが分かります。この映画のライブシーンは、最前列の席にいるような臨場感ですよ。
Kazuo:
How did you prepare for your roles?
どのように役作りをしましたか?
Gwilym Lee:
Every waking hour of the day, I'd have guitar in my hand to just be trying to work on the next solo, the next riff, the next song. And then it was just you know, trying to study as much material as you can of interviews and of onstage performances to see the physical qualities of the man, the vocal qualities.
毎日朝から晩までギターを手にして、ソロ・リフ・曲と、ひたすら練習をしましたよ。さらに本人のインタビューやステージパフォーマンスをできるだけ見て、体の動きや話し方の特徴を研究しました。
Joe Mazzello:
It was probably a good four or five times harder than any other job I have ever done with the amount of preparation. You have to learn how – he's English. So, I have to do an English accent and a very specific one from sort of the north of England. Every morning, I will start by listening to 10-minute interviews just listening to John Deacon to make sure I got his voice right.
これまでの仕事より4~5倍は努力したと思います。ジョン・ディーコンはイギリス人だから、イギリス英語を、北部の独特なアクセントを覚えなくてはならなかったんです。毎朝、10分のインタビュー動画でジョン・ディーコンの声を聞いて、自分の発音を確認していましたよ。
Kazuo:
There are only three of you. Did the band break up or ...?
3人しかいませんが、解散したんですか?
Gwilym Lee:
We miss him; unfortunately, he has got an amazing job. So, he is away doing that.
さびしいね。残念ながら、彼(ベン・ハーディ)は別の仕事で。ここにはいないんですよ。
Joe Mazzello:
He was almost able to come too. We thought he was getting on a plane and then at the last second they said, no you got to do one more scene. So unfortunately Ben is not here.
彼は、もうちょっとで日本に来れたんですよ。飛行機に乗ると思っていたんだけど、最後の最後で、もうワンシーン撮影があるからって。だから、残念だけどベンは欠席です。
Gwilym Lee:
He is with us in spirit.
彼の心は、私たちと一緒にいますよ。
Rami Malek:
Yeah, he is.
そうだね。
Rami Malek:
I think one thing we really always wanted to make sure we accomplished was coming here. You see how much they embraced the culture as well. And Freddie after coming here performed shows in kimono. One of the things I got to keep from the film was one of the kimonos and I am going to treasure that forever.
私たちが、いつも望んでいて、達成しなくてはいけなかったのは、日本にやってくることでした。クイーンも、どれだけ日本の文化を受け入れていたことでしょうか。フレディ・マーキュリーは、来日後に着物で歌っていたんです。私が、この映画からいただいた1つは衣装の着物で、一生の宝物にするつもりですよ。
Joe Mazzello:
Where do you have it? Where do you keep it?
それ、どこにあるの? どこに保管してるの?
Rami Malek:
It is in a place that you will never find because I know you would steal it.
君には見つけられない場所だよ、だって盗むって分っているからね。
Joe Mazzello:
I will try to steal it.
盗むつもりだよ。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る