今回のゲスト:  ペイトン・リードPeyton Reed アメリカ出身の映画監督 1964年生まれ主な監督作チアーズ!恋は邪魔者イエスマン “YES”は人生のパスワード
Eテレ 2018年9月6日(木)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『アントマン&ワスプ』
今回のゲスト
guest
ペイトン・リードPeyton Reed
アメリカ出身の映画監督 1964年生まれ
主な監督作
チアーズ!
恋は邪魔者
イエスマン “YES”は人生のパスワード
Kazuo:
For someone who hasn't seen the previous film, what is this film about? What are the highlights?
前作を見ていない人のために、映画の見どころを教えていただけますか?
Peyton Reed:
Well, it really is about this Pym Particle technology, which allows if you wear the suit you can shrink and of course you can grow, it controls size. It has all the sort of spectacle and the crazy action sequences that the other movies have, but it really does hopefully have a more emotional core about family.
ピム粒子テクノロジーというものが出てくる映画なんですが、この技術を活用したスーツを着ると、小さくなったり大きくなったりできるんです。これまでの作品のようなスペクタクルや、すごいアクションシーンもありますが、家族に関する心温まるシーンも見どころですよ。
Peyton Reed:
We want the movie to be fun and I think when we set out to do the second one. Paul Rudd and I said, "Yes, we got to make it even funnier than the first one." I think it really is just approaching as we write and then as we start to shoot it. If things get too emotional, we always kind of undercut it with a little comedy. It really was, finding that balance of comedy and drama is important in this move.
今作を手がけることになったときに、おもしろい映画にしたかったんです。(主演の)ポール・ラッドと、前作よりも笑える映画にしようと言ったんですよ。それを意識して脚本を書きましたし、撮影を行いました。情緒的になりすぎないようにコメディー要素を入れる工夫をしていました。コメディーとドラマのバランスをどう取るかが、この映画では重要だったんです。
SNSについて
Peyton Reed:
I've met a lot of fellow directors and writers through Twitter. When you work in Hollywood, sometimes you're in your own lane because you're working on a very specific project, and other people are doing it. So that's been a fun thing to create some friendships and relationships through Twitter.
Twitterで、多くの監督や脚本家と知り合うことができました。ハリウッドでの仕事は特殊なもので、つい自分の世界にこもりがちになります。みんな、そうなんです。だから、Twitterで、さまざまな人と友情や関係を築くことがとても楽しいんです。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る