今回のゲスト:  ポール・ラッドPaul Rudd アメリカ出身 1969年生まれ主な出演作俺たちニュースキャスター40男のバージンロードシビル・ウォー/キャプテン・アメリカ    エヴァンジェリン・リリーEvangeline Liliy カナダ出身 1979年生まれ主な出演作ハート・ロッカーリアル・スティールホビット 竜に奪われた王国
Eテレ 2018年8月30日(木)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『アントマン&ワスプ』
今回のゲスト
guest
ポール・ラッドPaul Rudd
アメリカ出身 1969年生まれ
主な出演作
俺たちニュースキャスター
40男のバージンロード
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
guest
エヴァンジェリン・リリーEvangeline Liliy
カナダ出身 1979年生まれ
主な出演作
ハート・ロッカー
リアル・スティール
ホビット 竜に奪われた王国
撮影現場では仲良く過ごしたという2人。あらためて共演した感想は?
Paul Rudd:
It's rough.
大変!
Evangeline Lilly:
Really. This guy is very difficult to work with. Everyone knows Paul Rudd is not fun.
そうね。この人と仕事するのは難しいの。みんな知っているわよ、ポール・ラッドは楽しくないって。
Paul Rudd:
It's true, everybody.
本当。みんな知っている。
Evangeline Lilly:
Everybody knows that.
全員知っているわ。
Paul Rudd:
I'd like to promote the idea that I am just a complete nightmare on set and off set. I'll knock this over. I don't care how it comes off.
僕がまさに悪夢だってことを広めていこうと思う。現場の中でも外でもね。このポスターを壊すよ。どう思われても構わない。
Kazuo:
I'll try to stay out of your way then.
では、関わらないようにしますね。
※ボール・ラッド、ポスターを倒す
Evangeline Lilly:
See? Do you see what I'm talking about? I had to deal with this day in and day out.
分ったでしょ?この人とずっと仕事しなきゃいけなかったのよ。
Paul Rudd:
Shut up, Evangeline.
黙ってろよ、エヴァンジェリン!
Kazuo:
Okay. What was it like to work with Michael Douglas?
では、マイケル・ダグラスとの共演はどうでしたか?
Paul Rudd:
Oh, he is the best! Really, it was very ... I should set this up. I'm going to keep talking while I do ... Michael Douglas is a legend and to be able to work with somebody like him is ... I got it. It's okay. No, no, it's fine. I got it. To be able to work with Michael Douglas is just terrific and as is with Michelle Pfeiffer and Laurence Fishburne, and Hannah John-Kamen is a wonderful experience.
彼は最高だよ!本当に。これ(ポスター)を直さなくちゃね。話しながら元に戻すよ。マイケル・ダグラスはレジェンドだ。彼のような人と仕事するのは…あ、大丈夫、自分でやるから。マイケル・ダグラスとの仕事は最高だよ。あと、ミシェル・ファイファーやローレンス・フィッシュ・バーン、ハンナ・ジョン・カメンとの仕事はすばらしい経験でしたよ。
Kazuo:
Okay, I wanted to move on to, should we. Oh ... okay.
では、次に進みたいと思います…。あぁ…。
※ボール・ラッド、もうひとつのポスターを倒す
Kazuo:
Thankfully I don't have to pay for that.
僕は弁償しなくていいから、いいですけど。
Paul Rudd:
Yes, I will put up an Iron Man one next.
あとで「アイアンマン」のポスター置いておくから。
Kazuo:
Ms. Lily, this question is for you. You're active on social media.
リリーさんに質問です。積極的にSNSで発信していますよね。
Evangeline Lilly:
That was a hint. He was like you're active on social media.
(ポールに)分かった?「あなた」はSNSに積極的だって。
Paul Rudd:
All right.
分かったよ。
Evangeline Lilly:
Yes. (He is NOT!)
(彼、やっていないのよ!)
Kazuo:
What is social media to you?
あなたにとってSNSとは?
Evangeline Lilly:
There's so many great reasons to do it and so many horrible things that come from it as well.
SNSを使うべき理由はたくさんあるわね。嫌な情報も、たくさん入ってくるけど。
Paul Rudd:
Yes, and there's many great reasons not to.
そう。SNSを使わない理由もたくさん。
Evangeline Lilly:
Exactly, yes.
そうかもね。
Kazuo:
We could probably spend several hours just listing those reasons off.
使わない理由について何時間も話せますね。
Evangeline Lilly:
He could.
彼はね。
Kazuo:
He could?
彼は話せる?
Evangeline Lilly:
Yes. Definitely.
絶対できるわ。
Paul Rudd:
Just, I don't need another thing to just take me out of my life. I would go down the rabbit hole. Next thing I know, four hours would go by and I just be like this, and my children be sitting next to me with a single tear.
これ以上、人生を邪魔されたくないです。不思議の世界に迷い込むからね。こんな感じで、気が付いたら4時間たって、隣にいる子どもが涙を流して…。
Evangeline Lilly:
Hungry.
空腹でね。
Paul Rudd:
"Hungry. Dad! Dad!"
「お腹空いたよ、パパ!パパ!」
Evangeline Lilly:
"Dad, we haven't eaten in six hours."
「パパ、私たち6時間も食べていないのよ」
Paul Rudd:
"Who are you?"
「お前、誰?」
Evangeline Lilly:
"Dad!"
「パパ!」
Kazuo:
That's so weird because in the movie, you seem like such a loving father.
映画では、とてもいいパパに見えましたけど。
Paul Rudd:
Acting!
演技だよ!
Kazuo:
What percentage of your lines would you say can be credited to your own hand?
脚本の何割くらいを自分で書いたのですか?
Paul Rudd:
It's honestly there is a group, a collective and were always working on the script and story as one monolith, one giant thing moving forward. So, whenever it says what did you write with this, it really is all of us in a room for months at a time, all of us writing, all of us turning in pages, all of us revising everybody else's stuff.
正直に言うと、チームがあるんです。一枚岩となって、常に脚本とストーリーを考えました。ひとつの大きな集合体で前進する感じで。ですから、誰か1人が書いたものでも、実際はひとつの部屋で数か月かけて全員で書いたものです。それぞれが書き、みんなで見せ合って、全員で修正したんです。
Kazuo:
What was it like working with Michelle Pfeiffer?
ミシェル・ファイファーと共演した感想は?
Evangeline Lilly:
Well, Michelle was an icon for me when I was young. I really subconsciously drew inspiration from her performance as "Catwoman" in creating this character and creating this female superhero. Genuinely, the fact that she ended up being cast to play my mother was a dream come true.
ミシェルは、私の若かったころの憧れの存在でした。今回の女性ヒーローであるワスプの役作りをするうえで、無意識のうちに、彼女が演じた「キャットウーマン」に影響を受けていました。彼女が私の母親役にキャスティングされたことは、まさに自分の夢がかなったと言えます。
インタビュー終了後…
Kazuo:
Thank you for your time.
お時間をありがとうございました。
Paul Rudd:
Thank you!
ありがとう!
Evangeline Lilly:
Arigatougozaimasu. Thank you. You did a very good job of holding on the fort.
ありがとうございます。大変なインタビューをよく耐えたわね。
※ポール・ラッド、ポスターを立て直す
Evangeline Lilly:
You just edit everything out, there's no interview out.
全部カットよね。インタビューはなくなるわね。
Paul Rudd:
You have to show it! It's better that way!
全部見せなきゃ!そっちのほうが良いよ!

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る