今回のゲスト:  クリストファー・マッカリーChristopher McQuarrie アメリカ出身の映画監督 1968年生まれ主な監督作誘拐犯アウトローミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
Eテレ 2018年8月2日(木)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
今回のゲスト
guest
クリストファー・マッカリーChristopher McQuarrie
アメリカ出身の映画監督 1968年生まれ
主な監督作
誘拐犯
アウトロー
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
Christopher McQuarrie:
The discipline here is you are making a film for an international audience. I don’t want to obligate the audience to have to read the subtitles, I want you to be able to watch this film with the sound off and understand it just as well as you could have with the sound on.
世界中が見る映画ですから、大切なのは字幕に頼らない作品であることです。音をオフにして見たとしても理解できるような内容にしたいと思いました。
Kazuo:
How has it been like working with Mr. Tom Cruise over so many movies, and especially for this film?
トム・クルーズと仕事をしてきて、どんなことを感じていますか?
Christopher McQuarrie:
He’s incredibly hard working, he’s incredibly dedicated, he is capable of doing a lot of things that — and willing to do a lot of things that — a lot of other actors simply aren’t or wouldn’t do. And as a result, that causes everyone else to up their game to try to match his and so you are playing at a level unlike anything else. It’s just – it really does spoil you for everything else.
彼は信じられないほど努力家で、献身的で、たくさんのことができます。他の俳優ならできないこと、やりたがらないことをね。その結果、共演者たちも彼に追いつこうと努力する。まわりのレベルまで上げてしまうんです。彼と仕事をすると、もう他の人では満足できません。
SNSについて
Christopher McQuarrie:
What I appreciate about Twitter is it forces you, with its limited character length, to be extremely concise in communicating your ideas. And I also work that way as a director, I try to give my actors one or two word directions, I try not to be very complex in terms of my guidance.
ツイッターの良さは、限られた文字数を強いられることです。極めて簡潔に考えを伝えなくてはいけません。私の監督としてのやり方も同じです。俳優には、ひと言か二言で要求を伝えています。指導するうえで、あまり複雑にならないように心がけているんです。
すべてのインタビューを見る