今回のゲスト:  クリス・プラットChris Pratt アメリカ出身 1979年生まれ主な出演作マネーボールガーディアンズ・オブ・ギャラクシーアベンジャーズ/インフィニティ・ウォー     ブライス・ダラス・ハワードBryce Dallas Howard アメリカ出身 1981年生まれ主な出演作レディ・イン・ザ・ウォーターヘルプ ~心がつなぐストーリー~ジュラシック・ワールド
Eテレ 2018年7月12日(木)の放送内容

Featured Content
〜K's Interview〜

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
今回のゲスト
guest
クリス・プラットChris Pratt
アメリカ出身 1979年生まれ
主な出演作
マネーボール
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
guest
ブライス・ダラス・ハワードBryce Dallas Howard
アメリカ出身 1981年生まれ
主な出演作
レディ・イン・ザ・ウォーター
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
ジュラシック・ワールド
映画の見どころについて
Chris Pratt:
I think some of the highlights are some really carefully crafted and beautifully shot action sequences, including the destruction of the island. There's amazing volcano erupting and more dinosaurs than you've ever seen in the Jurassic Park film all converging in one scene to try to flee danger from this island. That's pretty amazing.
この映画の見どころは、細部まで作り込まれ、美しく撮影された、島の破壊を含むアクションシーンだと思う。火山の噴火は見事だし、これまでのシリーズで見たこともない数の恐竜たちが危機から逃れようと出てくるのはすごいよ。
Bryce Dallas Howard:
There are animatronic dinosaurs so it's like nothing is really better than that Chris Pratt, plus animatronic dinosaurs, it's fun for the whole family in the set.
アニマトロニックの恐竜たちがいるの。もうクリス・プラットと恐竜たちの組み合わせは最強よ。現場にいるみんなが楽しんでいたわ。
映画監督である父 ロン・ハワードについて
Bryce Dallas Howard:
It was so meaningful for me getting to be included in my dad's work and then also to get to see somebody navigate their profession which such humility and fun and curiosity, it meant everything. I don't take it for granted for one second because it was amazing.
私にとっては、すごく意義深いことは、父の仕事に含めてもらえているということ。そして、誰かがその人の仕事を謙虚に、楽しく、好奇心を持って進める姿を目の当たりにできること、それが全てありがたいわ。これっぽっちも当たり前だなんて思ってない。だって、すごいことだから。
俳優デビューについて
Chris Pratt:
I was 19 years old. I was living in Hawaii and really just having the time of my life, living on the beach and waiting tables in town. Then I was waiting tables and a director came in. I recognized her because she was this former movie star. I said you are a movie star, I know you. She was happened to be casting a movie that she had written and was planning to direct. Her lead had fallen out. She just said, "Do you act?" I said, "Yes I act. You should put me in a movie." Then four days later, I had an audition and then within four days of that audition, I got phoned to LA. That was my in, in the Hollywood. Then got my start. I was discovered.
19歳のとき。ハワイのビーチに住んでいて、ウェイターをしながら楽しく過ごしていたんだ。ある日、映画監督*が、店にやって来たんだ。その監督はかつて有名な俳優だったから知っていて、「映画スターですよね?」って声をかけたんだ。ちょうどそのとき、彼女は、脚本と監督を担当する映画のキャスティング中だった。「あなた演技できる?」って聞かれたから、「もちろん、僕を使わないと損だよ」と答えた。オーディションを受けて、そこから4日後には、ロサンゼルスに呼ばれたんだ。これが、僕のハリウッドでのスタートさ。僕は「発掘」されたんだ。

※映画監督はレイ・ドーン・チョン(Rae Dawn Chong)

SNSについて
Chris Pratt:
Social media to me is an opportunity to connect with people and to share my special brand of humor with big audiences in a way that requires very little effort on my part, which is my very favorite way to operate. Anytime I am having an opportunity to do like a small comedy bit for somebody, I always take it in.
僕にとってのSNSは、人々とつながる機会だと思っている。僕特有のユーモアを多くの人たちと分かち合うことができるのに少しの労力しかいらない、僕にとって一番好きな取り組み方なんです。いつでも、ちょっとしたコメディを誰かに届けたいと思っているからね。

※収録したインタビューから抜粋し、内容に適した日本語訳とともに記載しています。また、テレビで放送された日本語訳とは言い回しが異なる場合もあります。

すべてのインタビューを見る