2018年12月1日! 「4K・8Kスーパーハイビジョン」 いよいよ本放送が開始!

2018年12月1日! 視聴者の皆さんに次世代の放送サービスをお届けするため、NHKは、二つの新たなチャンネルを立ち上げます。 「4Kチャンネル」と「8Kチャンネル」です。 これまでない高画質な映像と迫力の音響で、“未知の映像体験”をご家庭で楽しんでいただける時代の到来です!

NHKは、ハイビジョンを超える4K・8Kを「スーパーハイビジョン」と総称し、その番組制作を進めています。4Kはハイビジョンの4倍、8Kは16倍の画素により、超高精細映像を映し出す次世代のテレビ技術です。きめ細かな美しい映像に加えて、聞く人を包み込む5.1チャンネルサラウンド(4K)、22.2マルチチャンネル(8K)の立体的な音響によって、まるでその場にいるかのような圧倒的な臨場感を体感できます。

現在、NHKはこの「スーパーハイビジョン」の技術検証と普及推進を目的に、BSで試験放送を行っています。
そして、2018年の12月1日には、いよいよ本放送が開始。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には広く普及することを目指して、4K・8Kの番組を充実させていきます。
本格的なスーパーハイビジョンの時代が始まろうとしています。

4Kチャンネル(放送は、毎日6時~24時)
  • 超高精細な映像を、身近に楽しんでいただけるチャンネルです。
  • 画質は今のテレビの4倍です。
  • 地上波や衛星波から選りすぐった番組を、4K画質にパワーアップして放送します。 お気に入りの番組が見違えるように生まれ変わります。
  • 週末には、4Kチャンネル独自の大型特集番組も放送していく予定です。
8Kチャンネル(放送は、毎日10時~22時10分)
  • 世界一の画質と音響を堪能できる、最高品質のチャンネルです。
  • 画質は今のテレビの16倍です。
  • スタジアムやコンサートホールにいるかのような“臨場感”や、美術館で本物を見ているような“没入感”に満ちた番組をお届けします。
    あなただけの「特等席」の誕生です。

FAQ

4K・8K放送の受信システム

2018年12月1日から始まるBS・110度CSによる4K・8K放送

4K・8K放送のすべてのチャンネルを見るには何が必要?

今後、発売される4K・8K放送を受信できるテレビと、2018年12月から4K・8K放送で新たに使用される電波に対応したアンテナにより見ることができます。

※アンテナのほか、ブースターや分配器、ケーブル等も交換が必要になる場合があります。

現在市販されている4Kテレビで4K・8K放送は見られますか?

今後、発売される4K・8K放送に対応したチューナーとアンテナを4Kテレビに接続することで見ることができます。

(ただし、8K放送は4K画質となります)

※アンテナのほか、ブースターや分配器、ケーブル等も交換が必要になる場合があります。

4K・8K放送を見るには、アンテナやブースターなどの交換が必要だと聞いたのだけれど?

NHKの4K放送とBS民放の4K放送は、現在お使いのBSアンテナと受信設備で、そのまま見ることができます。

(※BSの4K放送を受信できるテレビ、もしくはBSの4K放送を受信できるチューナーが必要です。)

一方、新たな電波を使うNHKの8K放送と一部の4K放送を見るには、対応したアンテナが必要です。ブースターや分配器などの受信設備の交換が必要になる場合もあります。

4K・8K放送は地上波(地デジ)では見られないの?

4K・8K放送は、BSと110度CSの衛星放送で行なわれます。
現在のところ、地上デジタル放送による4K・8K放送の具体的な計画はありません。