2018年12月1日!「4K・8Kスーパーハイビジョン」いよいよ本放送が開始!詳しくはこちら

主な番組

4K制作

8K制作

試験放送をご覧いただける場所

試験放送をお楽しみいただける場所や時間、環境は各放送局によって異なります。

詳しくはお近くの放送局などにお問合せいただくか、ホームページをご覧ください。

プロモーション映像

試験放送について

NHKは、ハイビジョンを超える4K・8Kを「スーパーハイビジョン」と総称し、その番組制作を進めています。

4Kはハイビジョンの4倍、8Kは16倍の画素によって超高精細映像を映し出す次世代のテレビ技術です。

きめ細かな美しい映像に加えて、聞く人を包み込む5.1チャンネルサラウンド(4K)、22.2マルチチャンネル(8K)の立体的な音響によって、その場にいるかのような圧倒的な臨場感を体験することができます。

2016年8月1日、NHKはこの「スーパーハイビジョン」の技術検証と普及促進を目的に、BSで試験放送を開始しました。

2018年には実用放送、そして東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には本格的に普及することを目指して、4K・8Kの番組を充実させていきます。

スーパーハイビジョンの時代が、いよいよ始まります。

スーパーハイビジョンの特長

関連イベント

FAQ

試験放送について

Q.試験放送は、家では見られないのですか?
A.試験放送を受信できるテレビはまだ市販されていないため、一般のご家庭などではご覧いただけません。
Q.試験放送は、どこで視聴できますか?
A.NHKでは全国の放送局などに専用の受信装置を設置しています。視聴できる場所や時間などは局によって異なる場合がありますので、各局にお問合せいただくか、ホームページをご覧ください。
Q.試験放送では、字幕放送や解説放送は行いますか?
A.一部の番組で行っています。
Q.試験放送では、EPG(電子番組表)はありますか?
A.あります。なお一般のテレビでは試験放送のEPGはご覧いただけません。
Q.試験放送では、データ放送やハイブリッドキャストはありますか?
A.データ放送はありませんが、インターネットを経由したハイブリッドキャストでは、放送中の番組名、試験放送や4K・8Kの紹介などを掲載しています。
Q.試験放送は8Kで行っていると聞きましたが、4K制作の番組はどうなりますか?
A.4K制作の番組は8Kに変換して放送しています。また一部、4Kのままで放送する時間帯もあります。詳しい時間などは番組表をご覧ください。
Q.試験放送の後はどうなりますか?
A.2015年7月に総務省が公表した「4K・8K放送のロードマップ」で、国の4K・8K放送のスケジュールが示されています。その中では「2018年にBS及び110度CSで4K・8K実用放送を開始すること」、「東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年には、4K・8K放送が普及し、多くの視聴者が市販のテレビで4K・8K番組を楽しんでいること」が目標として示されています。NHKはこの目標をふまえて、国や民放などと連携しながら準備を進めています。