ページの本文へ

かながわ情報羅針盤

  1. 首都圏ナビ
  2. かながわ情報羅針盤
  3. まちキラ!LUNA SEA 真矢さんオススメ秦野の魅力

まちキラ!LUNA SEA 真矢さんオススメ秦野の魅力

  • 2024年5月2日
 

横浜局のラジオ番組「はま☆キラ!」で、あなたのまちのキラ!をお届けするコーナー「まちキラ!」が始まりました!神奈川県内の33市町村を巡ります。初回の2024年4月26日は、秦野出身 LUNA SEA真矢(しんや)さん秦野の魅力をたっぷり語りました。

LUNA SEAの真矢さん(中央) 秦野市役所の村上智哉さん(右) 

はだのふるさと大使 真矢さん    
本格登山からハイキングまで楽しめる秦野の山々    
LUNA SEA は秦野出身バンド?!    
見て楽しんで 食べて味わう 秦野の桜    
秦野の名水 おいしい水が当たり前!    
秦野はお祭りどころ LUNA SEA誕生の予兆も!?

はだのふるさと大使 真矢さん

番組では、独自のロックサウンドで支持されているLUNA SEAのドラマー、真矢さんと、秦野市広報担当の村上智哉(むらかみ・ともや)さんをスタジオに迎えました。 

山口アナ

秦野と言えばこの方、はだのふるさと大使のLUNA SEAの真矢さんです。秦野の魅力、何だと思いますか?

真矢さん

いい意味で懐かしい。秦野を離れて東京に住んでいるんですけど、いまだに大好きでいられる所です。

山口アナ

真矢さんは、去年、はだのふるさと大使に就任しました。どんなお仕事をしているんですか?

真矢さん

小さい頃から祭り囃子をしていたんで、秦野の伝統な祭り囃子とか、そういうお祭りを盛り上げていければなと思っています

山口アナ

秦野は、いろんなお祭りがありますよね。小さい頃から、太鼓をたたいていたんですか?

真矢さん

秦野の町内会の太鼓で始まったんですけど、秦野には、ものすごく大きいお祭りがいっぱいあるんで。

山口アナ

秦野は、どんな思い出がありますか?

真矢さん

盆地なんで山に囲まれている。そして、本当に四季が感じられる。夏暑くて、冬が寒い(笑) そして、春は桜がすごくて、紅葉もきれい!日本のいいとこ取りみたいな感じなんですよね。

本格登山からハイキングまで楽しめる秦野の山々

秦野市から富士山がきれいに見えます!

秦野の魅力、まずは丹沢(たんざわ)山地。神奈川の母なる山とも言われてます。いちばん高い山は塔ノ岳で標高1491m。丹沢には年間約90万人の登山客が訪れます。

村上さん

秦野は丹沢の恵みの中で発展してきた街なので「おもしろい、楽しい、表丹沢」ということを「OMOTAN」(おもたん)というキャッチコピーで表丹沢の魅力をアピールしていこうと市も取り組んでいます。

山口アナ

4月下旬には「秦野丹沢まつり」が開かれて、山開きもしているんですよね。

村上さん

2024年は2日間で5万5,000人が市内外から来て盛り上がりました。山開き式が行われて、これから登山のピークの時期が始まるというイベントです。集中登山で1000人ぐらいが2チームに分かれて、いっせいに登山に駆け出す、そんなイベントです。

山口アナ

アルプホルンの演奏があったり。秦野の人が作詞作曲した「丹沢讃歌」をみんなで歌ったり。山そして音楽どころでもあるんですね。

真矢さん

秦野の人は、秦野がみんな大好きだよね。

村上さん

その筆頭が真矢さん、地元愛の塊で

山口アナ

真矢さんは山登りっていうと何かありますか?

真矢さん

幼稚園の頃ですね、幼稚園の裏に弘法山(こうぼうやま)権現山(ごんげんやま)があったんで遠足で登ってました。秦野は幼稚園児が登れるぐらいの山から本格的な山まであるんですよね。360度、山で囲まれていますので。

村上さん

本格的な登山が不安な人も低山ハイキングができます。真矢さんが言っていた弘法山は標高240mぐらい。弘法山・吾妻山(あずまやま)ハイキングコースがあって、どっちから登っても帰りに温泉が楽しめます。4月後半は富士山を背景にネモフィラが撮れます。夜景と富士山とネモフィラの組み合わせもきれいですよ。

最近は、秦野市で森林セラピーも。ヨガを体験したり自然の中を歩いて体と心を癒やします。「森林観光都市はだの」といって、森林を1つのコンテンツとして発信することに力を入れています。

 

ここで秦野ゆかりの曲を、真矢さんのリクエストで。ZARD「負けないで」

LUNA SEA は秦野出身バンド?!

真矢さん

ZARDの坂井泉水さんが、秦野ゆかりの人ですね。

山口アナ

小田急線の渋沢(しぶさわ)駅、ZARDの曲がかかるんです。「負けないで」もかかるんですね。

真矢さん

いいですね。デビューがZARDさんがちょっと先だったんです。僕も秦野出身ということで、すごく誇らしいですよね。

山口アナ

同じ時代を秦野から音楽シーンを駆け抜けているんですよね。LUNA SEAのメンバーも4人が秦野の出身なんですよね。

真矢さん

5人中4人なんで秦野出身と言っていいんじゃないですかね、ほぼ。

山口アナ

秦野出身のバンドであると(笑)

見て楽しんで 食べて味わう 秦野の桜

続いてご紹介する秦野の魅力は、桜。秦野は桜の街。2月の河津桜、オカメザクラから始まって、4月に八重桜が咲きます。合わせて1万本が咲く街とアピールしています。

村上さん

「はだの桜みち」という県道は、約6.2kmの700本のソメイヨシノの並木、県内一長いソメイヨシノの並木としてアピールしています。桜のトンネルになります。

山口アナ

秦野市では、これからさらに桜で推したいと考えているそうですね。

村上さん

蓑毛(みのげ)地区に、日本三大桜の岐阜県にある淡墨桜(うすずみざくら)、その子孫を地元の人が庭に植えています。とても珍しい品種です。地元の人たちがそこにタイミングが合うように菜の花畑を作ってライトアップもして一般公開をしています。

秦野の特産 桜の塩漬け

続いては“食べる桜”、秦野の特産・桜の塩漬けについて、まちキラ!リポーターの池田廣成職員が秦野市からリポート。作っているのは、秦野市の千村(ちむら)地区。秦野は食用の八重桜の一大産地で、4月下旬は花を摘み取る作業と塩漬けの作業で大忙しです。

4月下旬は桜の塩漬け作りの真っ最中
池田職員

塩漬けの加工所には、たるがいくつも並んでいます。たるの中には、前の週に摘み取った桜を、塩と梅酢と一緒に漬け込んで1週間ほど寝かせています。濃い鮮やかなピンクの花がぎっしり詰まっています。それを皆さんが漬けかえています。

加工所の皆さんと
池田職員

加工場の代表の加藤菊恵(かとう・きくえ)さんです。この作業、大変そうですね

加藤さん

中腰でもみ込むので1日に何回もすると腰が痛くなって大変です。

池田職員

桜がとれる1週間が勝負なんですね。そして桜の塩漬けは、6月に出来上がります。    
真矢さんは食べたことはありますか?

真矢さん

もちろんですよ!お茶に浮かべて、飲んでました。

池田職員

桜茶、おいしいですよね、香りが引き立って。

真矢さん

最高ですね!

加藤さん

いちばんのオススメは桜の塩漬けを温かいごはんに混ぜて作るおにぎりです。作業の合間にもみんなで食べてます。

スタジオに桜おにぎり登場!
真矢さん

春の訪れというか、そういう気分が高揚する味ですよね。

山口アナ

桜の香りがふわっとしてきます。

真矢さん

おいしい!うまいっ!

村上さん

塩気が、いい感じで効いてますよね。

真矢さん

桜を浮かたお茶は、家でも飲んでいましたし、父親が能をしていたんで、能の教室にお弟子さんが持ってきて、お茶にぽっと浮かべて飲んでいる思い出がありますね。

山口アナ

桜茶って言うと、結婚式とか結納とか、おめでたいときに飲む印象がありますが、真矢さんは普段から桜茶を飲んでいたり、祭りの太鼓に...

真矢さん

本当におめでた男でございます(笑)

首都圏ネットワーク「おでかけしゅと犬くん」で桜の塩漬けの取材した記事は こちら

 

続いて真矢さんから秦野ゆかりの曲のリクエスト。SIAM SHADE「1/3の純情な感情」

SIAM SHADEのドラムの淳士(じゅんじ)さんも秦野出身。実は、真矢さんの後輩で、真矢さんのスタッフもしていたそうです。秦野は音楽どころ、本当に人材が豊富ですね。  

秦野の名水 おいしい水が当たり前!  

誰でも水を汲める秦野の名水

続いてご紹介する秦野の魅力は、名水。秦野は盆地で、地下水が豊富です。秦野市が作っている名水マップを片手に巡る楽しみも。その中の一つ、兵庫(ひょうご)の泉で水を汲んでいる夫婦に話を聞くと、1日おきぐらいに4リットルが入るボトル4、5本分を汲んでいるそうです。オススメの使い方を聞くと「お茶もコーヒーもおいしいですね。まろやかで。」

真矢さん

東京に引っ越して、まず水を買うことにびっくりしたんですよね。秦野では水道水を飲んで当たり前だし、湧き水を飲んで当たり前で育ってきたので。

秦野はお祭りどころ LUNA SEA誕生の予兆も!?

山口アナ

秦野市のリスナーからメッセージも届いてます。    
「私は秦野市内のお祭りで太鼓をたたいている大学生です。真矢さんは、祭り太鼓を何歳から始めて、なぜ太鼓をしようと思ったんですか?いつか真矢さんと一緒にどこかのお祭りでたたける日を楽しみにしています。」

真矢さん

僕は6歳の頃から始めましたね。もう、ほんとに、いろんな町内に太鼓連があって、太鼓をするのが当たり前だと思って、僕は。ちっちゃい頃から打楽器が好きだったんで、当たり前だと思ってました。

山口アナ

それが今 LUNA SEAのドラマーになって。祭りが本当に盛んだというお話がありましたけど村上さん、秦野の祭り自慢をお願いします。

村上さん

山開きの「秦野丹沢まつり」、9月にたばこ祭があります。11月3日が秦野市市民の日に制定されていてイベントが開かれています。消防パレードがあって、はしご車がぐ〜んと伸びて、高い所から消防隊員がシューッと降りてくると、子どもたちがわーっとわきます。それが秦野三大祭りとなっています。

真矢さん

市民の日のお祭りに高校のときに出ているんですよ。高校の同級生で何ていうバンド名か忘れちゃったぐらいだけど。そのときに、ステージ袖でINORAN(イノラン)とかが見てたんですよ。

山口アナ

秦野の市民の日の祭りが、LUNA SEAの結成前夜というか。

真矢さん

LUNA SEA結成前の、高校のときのわれわれが出てたということです。

山口アナ

真矢さん、ふるさと大使の意気込みをお願いします。

真矢さん

秦野の魅力を、本当に僕が大好きな街なので、皆さんに伝えられたらいいなと思います。とにかく一度、秦野の祭り囃子を味わってくれたらうれしいなと。にぎやかな音なんですよね。秦野っ子の気質を表しているかんじですね。

山口アナ

秦野の「まちキラ!」どうでしたか?

真矢さん

秦野の話、ワクワクしますね、本当に。とても楽しかったです。

秦野ゆかりの曲のリクエスト。LUNA SEA「ROSIER」「END OF SORROW」もご紹介しました。

ページトップに戻る