ページの本文へ

かながわ情報羅針盤

  1. 首都圏ナビ
  2. かながわ情報羅針盤
  3. グーグルマップ 不当な口コミ巡り医師らが提訴 東京地裁

グーグルマップ 不当な口コミ巡り医師らが提訴 東京地裁

  • 2024年4月18日

地図アプリの中で、利用者の数が日本で最も多いとされるグーグルマップ。
皆さんも使ったことがあるのではないでしょうか。
表示されるクチコミに不当な内容があっても削除してもらえず、利益が侵害されたなどとして、都内の医師らがグーグルに対して、140万円余りの損害賠償を求める訴えを起こしました。

利用者最多「グーグルマップ」

グーグルマップには、施設や場所などに「クチコミ」として個人の感想を投稿したり、星の数で評価したりする機能が備わっていて、利用が拡大しています。
地図アプリの中で、利用者の数が日本で最も多いとされています。

不当なクチコミで損害が

グーグルマップについて、事実と異なる内容や、理由を付けない最低評価といった投稿が繰り返され、削除を依頼しても対応してもらえないなどとして、都内のクリニックの医師ら63の個人と団体が、アメリカのグーグルに対し、あわせて144万9000円の損害賠償を求める訴えを東京地方裁判所に起こしました。

4月18日 会見する弁護士(都内)

原告と弁護士は18日、都内で記者会見を開きました。
会見の内容や訴状によりますと、グーグルに削除を依頼しても対応されるのはごくわずかだということで、裁判を通じて、悪意のあるクチコミやその対応で、営業が妨害されて損害が出ていることを訴えるとともに、削除の基準をより明確にするよう求めるということです。

プラットフォーマーへ訴訟珍しい

弁護士によりますと、クチコミの投稿者ではなく、グーグルのようなプラットフォーマーの責任を問う訴訟は珍しいということです。
原告の医師は、「書き込む側は一方的に誤った情報を広めることも可能で、サンドバッグのような状態になっている。裁判でグーグルの対応を変えていきたい」と話していました。

あまりに理不尽な状況

原告の代表で、都内で開業する医師は、クリニックのクチコミに、「門前払いされた」や「検査できない」などと書き込まれ、星の数で示す評価も5段階のうち最低評価をつけられたということです。

医師は投稿内容や日時などから、専門外の症状だったため別の医療機関を紹介したり、不必要な検査を求められて断ったりした患者が根拠のない投稿をしたとみて、クチコミの削除をグーグルに要求しました。
しかし医師が投稿者と話し合って削除してもらうか、裁判所から削除を命じてもらうしかないと、メールで返答があったということです。

原告代表の医師
ちゃんと働いているのに勝手に登録されたマップに事実と異なるクチコミを書き込まれ、どうしようもない現状に悔しさを感じている。
医療機関には守秘義務があるので、公の場で相手に対して言い返すことはできないし、やられたい放題になってしまう。
改善してほしいとグーグルに伝えているが、本質的な改善をしてもらえず、話し合いにも応じてもらえないので、 やむをえず集団訴訟に至った。あまりにも理不尽な状況を なんとかしたいと思っている。

グーグルの対応は

クチコミなどの投稿についてグーグルはユーザーに禁止の基準を示しています。

具体的には
▽実際の経験や情報に基づいていない投稿、
▽意図的な虚偽情報の投稿、
▽中傷的な表現や個人攻撃
▽不正確なコンテンツなどとしています。

グーグルによりますと、去年1億7000万件以上のクチコミを基準に違反しているとして削除したり、投稿が表示されないようにしたりしたということです。
一方で、クチコミに関して投稿した側とされた側で事実に関して意見の相違がある場合は、グーグル自身はどちらが妥当かなどの判断には関与しないとしています。
グーグルは個別の案件にはコメントしないとした上で、「グーグルマップでは、様々な場所に関する信頼できる情報を見つけやすくし、不正確な内容や誤解を招く内容を減らすよう努めています。
グーグルのチームは、人間のオペレーターと機械を組み合わせて、24時間体制で企業プロフィールを保護し、不正なレビューを削除しています。
システムを積極的に監視し、ポリシー違反のコンテンツを削除しています」としています。

グーグルマップに関してはこちらの記事でも取材しています。

ページトップに戻る