ページの本文へ

かながわ情報羅針盤

  1. 首都圏ナビ
  2. かながわ情報羅針盤
  3. 横浜 みなとみらい 空中散歩で楽しむお花見

横浜 みなとみらい 空中散歩で楽しむお花見

  • 2024年4月11日

ことしの横浜の桜は平年より7日、去年より17日遅い開花となりました。
ようやく見頃を迎えた横浜 みなとみらいの桜。ここならではの楽しみ方を取材しました。

汽車道の桜並木

横浜市のみなとみらい地区にある汽車道は、明治44年に開通した臨港鉄道の廃線跡を利用し、一部のレールや橋梁などを残して作られたおよそ500メートルの海を渡る遊歩道です。
この汽車道沿いには桜並木が続いていて、春には横浜ランドマークタワーや大観覧車などみなとみらいのスカイラインと桜が一緒に楽しめます。

当時の鉄道のレールが残る汽車道

上空にはロープウエー

汽車道に沿うように、上空にはロープウエーが走っています。
3年前の令和3年4月にできたこのロープウエー。
JR桜木町駅前から赤レンガ倉庫などがある新港地区の間、およそ630メートルを結び、最も高いところで地上40メートルの高さがあります。
およそ5分間の空中散歩で、みなとみらいの風景を一望できると人気があります。

汽車道の上空を走るロープウエー

空中散歩で楽しむお花見

このロープウエー、春のこの時期には上空から鳥の目線で桜を楽しむことができます。
週末には順番待ちの行列になるほどで、地上から見る桜とはひと味違ったお花見を楽しむことができます。

ロープウエーから桜並木を望む
ロープウエーのキャビン内から見える景色
キャビン内で撮影するカメラマン

ロープウエーは桜木町駅側からも新港地区側からも乗れますが、新港地区側から乗った方が目の前に桜並木、奥に横浜ランドマークタワーなどみなとみらいの景色が見え、桜とみなとみらいがより一体となった風景が楽しめます。
みなとみらいならではの春の楽しみ方ですね。

画像をクリックすると撮影した動画が見られます。(動画は一定期間が過ぎると削除されます)

ページトップに戻る