ページの本文へ

かながわ情報羅針盤

  1. 首都圏ナビ
  2. かながわ情報羅針盤
  3. 大相撲 横綱照ノ富士 横浜の公園に土俵を寄贈 新横浜公園に

大相撲 横綱照ノ富士 横浜の公園に土俵を寄贈 新横浜公園に

  • 2024年4月8日

大相撲の横綱・照ノ富士が、横浜市の公園に土俵を寄贈することになりました。
相撲に親しむ子どもたちを増やしたい。
今後各地の自治体に広げていきたいと話しています。

照ノ富士が土俵を寄贈

土俵のイメージ図(画像提供:照ノ富士)

土俵が寄贈されるのは、JR新横浜駅近くの「新横浜公園」です。
多くの子どもたちに相撲に親しんでもらおうと、照ノ富士側から横浜市に申し入れがありました。
大きさは約7メートル四方。屋根も取り付けられる予定です。
整備に必要な費用は照ノ富士と後援会が負担し、今年度中の完成を見込んでいます。

市役所訪問して目録贈呈

4月8日午後、照ノ富士は横浜市役所を訪れ、山中市長に目録と土俵のイメージを描いたパネルを手渡しました。

土俵の管理はや運営は市が行うことにしていて、料金などは今後検討するということです。

「子どもに相撲を」 土俵全国に

照ノ富士

照ノ富士は今後全国のほかの自治体にも土俵を贈りたいとしています。

後援会の皆さんと、子どもたちが相撲をとる場所をできるだけ多く作りたいと話していたので、かなえられたことが心からうれしい。
将来的にプロを目指せる力士がこの土俵から出てくれればと思う。
機会があれば、部屋のみんなと土俵に来て、子どもたちと触れ合いたい。

山中市長は、「子どもたちの交流と成長の場になることを願っている。横浜での相撲熱をさらに盛り上げていきたい」と話していました。

横浜で相撲の子どもは30人

相撲クラブや実業団が加盟する横浜市相撲連盟によりますと、中学生までの子どもで相撲をしているのはおよそ30人で、高校の跡地や小学校にある土俵を借りて、稽古をしているということです。
活動している相撲クラブは2つありますが、月謝を取らずに指導役の人がボランティアで教えていて、土俵が少ないことに加えて、指導する人の確保も課題になっています。
「照ノ富士の土俵」から、未来の関取が誕生するかもしれません。

  • 岡部咲

    横浜放送局 記者

    岡部咲

    2011年(平成23年)入局。宇都宮局、首都圏局などを経て、横浜局。

ページトップに戻る