ページの本文へ

埼玉WEB特集

  1. 首都圏ナビ
  2. 埼玉WEB特集
  3. かんきつ最大級 川口市で「晩白柚」 その味は?ジャムや和菓子などにも!

かんきつ最大級 川口市で「晩白柚」 その味は?ジャムや和菓子などにも!

晩白柚(ばんぺいゆ)で地域を盛り上げたい
  • 2023年12月26日

直径約20~25cm、重さは約2kg!世界最大級の柑橘類、晩白柚(ばんぺいゆ)が12月から収穫期を迎えています。この晩白柚、埼玉県川口市の農業を盛り上げる新たな作物として期待されています。さらに、地域のお店や工房とタッグを組み、様々な加工品に生まれ変わりながら、その魅力を広めています。

(首都圏局 ディレクター/髙松夕梨子)

世界最大級のかんきつ 晩白柚とは?

青々とした葉の中に映える鮮やかな黄色、そして枝がしなるほどの大きさ!
晩白柚(ばんぺいゆ)という世界最大級の柑橘類です。直径20~25cm、重さは約2kgにもなり、子どもの頭ほどの重さがあります。

マレー半島原産で、日本では温暖な九州地方で多く作られていますが、埼玉県川口市でも生産されています。

特別に一つ収穫させていただきました!
枝から離れた瞬間に、ずしっと重みが伝わってきました。

晩白柚は、お正月飾りとして1か月ほど玄関や床の間に飾って、香りや色を楽しんでからいただくことも多いのだそうです。

気になる! 晩白柚の味は?

この大きな晩白柚、中身はどのようになっているのでしょうか?
晩白柚を育てている髙山甫さん、豊江さんご夫妻に切っていただきました。

晩白柚を栽培 髙山甫さんと豊江さん

包丁を入れると、かんきつの爽やかな香りがいっそう広がります。
みずみずしい大きな果実は、厚く真っ白な「わた」に覆われています。

豊江さん

この「わた」もお砂糖漬けにしたりして、食べられるんですよ。

黄色い外の皮は浴槽に浮かべて晩白柚風呂にするなど、皮も実もすべて余すところなく楽しむことができます。

皮をむき、一房ずつにしたものがこちら。実がぎっしり詰まっています。
どのような味なのか、実際にいただいてみました。

齋藤 恵梨キャスター

果汁がすごい!ジューシーでおいしいです!

豊江さん

このおいしさにハマってしまう人も多いんですよ。

まだ酸味が少し強いですね。

甫さん

1か月置いておくと、より甘くなります。

収穫時期の早い酸味の強いものと、追熟させた甘みの強いもの、好みによっていろいろな味を楽しめるのも魅力の一つです。

次世代の川口の農業を盛り上げたい!

髙山さんの晩白柚は、川口の農業をさらに盛り上げる作物として期待され、「川口農業ブランド」の推奨品に認定されています。

「川口農業ブランド」とは、意欲ある生産者とその農作物をブランドとして認定し、川口の農業をさらに盛り上げようという取り組みです。

川口市は、江戸時代から続く植木栽培が盛んな地域です。しかし、最近は宅地化が進み、農地が減少、後継者不足も深刻になってきています。

そこで、植木栽培に限らず、意欲的な農家とその農産物を評価することで、川口の農業の認知度向上や後継者の育成を目指そうとしているのです。

加工品も!地域を巻き込んで魅力発信

さらに、地域の商店や学校とコラボして、マルシェの開催や、商品開発・販売をするなど、市民を巻き込み、地域全体で盛り上げていこうとしています。

髙山さんの晩白柚も、地域の商店や工房の手によって、様々な加工品に生まれ変わっています。

まずは、晩白柚ジャム。地元の手作りジャム工房の井上二三世さんが作っています。

晩白柚の実だけでなく、皮や白いわたの部分まですべて使って作られています。
晩白柚のきれいな色や香りを生かしつつ、多くの人の口に合うように、試行錯誤しています。

ジャム工房 井上さん

晩白柚の皮は苦みが強いので、しっかり水にさらして苦みを抜きます。

そして、このジャムを使って作られたようかん。こちらも地元の老舗和菓子店の近藤春夫さんが作りました。

和菓子店
近藤さん

晩白柚のきれいな黄色が出るように、こしあんではなく白あんを使っています。

他にも、地元のビール醸造所では、晩白柚を使ったクラフトビールが作られ、好評だったそうです。軽くてすっきりした味わいで、晩白柚の爽やかな香りがしっかりと残るように工夫しました。

これらの加工品は、晩白柚の収穫とともに、順次製造・販売される予定です。地域のみんなで盛り上げる晩白柚の魅力、今後の広がりが楽しみです。

  • 髙松夕梨子

    首都圏局 ディレクター

    髙松夕梨子

    2023年入局。今回が初の中継担当でした! 晩白柚の爽やかな香りが忘れられません…。 私も魅力にはまってしまった一人かも…?

  • 齋藤 恵梨

    さいたま局 キャスター

    齋藤 恵梨

    埼玉の好きなところは、農産物の美味しいところ(特にいちごとさつまいもが大好きです!)

ページトップに戻る