ページの本文へ

  1. 首都圏ナビ
  2. 埼玉WEB特集
  3. 埼玉・北本市長選挙告示 2人が立候補

埼玉・北本市長選挙告示 2人が立候補

  • 2023年04月17日

任期満了に伴う北本市長選挙が4月16日に告示され、現職と新人のあわせて2人が立候補しました。
届け出順に、いずれも無所属で、ご覧の方々です。

北本市長選挙は23日に投票が行われました。開票結果はこちらをご覧ください。

三宮 幸雄 氏(無所属・現)

三宮さんは、小学校の教諭や市議会議員などをへて、前回の市長選で初当選しました。

高齢者の生きがいづくりを進めるとともに、生活困窮者や障害者の支援策を充実させて、誰一人取り残さない地域共生社会の実現をめざすとしています。また、豊かな自然や歴史をいかしたシティプロモーションを推進し、ふるさと納税をいかして地域経済の活性化を図ることなどを訴えています。

諏訪 善一良 氏(無所属・新)

諏訪さんは、埼玉県議会議員や市議会議員などをへて、市長選は3回目の立候補です。

近隣自治体と進めている新しいごみ処理施設の計画や費用を再検証し、負担削減を目指すとしています。また、区画整理事業の都市計画道路をはじめとする道路網を利用しやすく整備することで地域経済の振興や防災力の向上につなげ、市民生活優先のまちづくりを進めることなどを訴えています。

北本市はどんな所?

県中央部に位置する北本市

埼玉県の中央部に位置し、人口は、約6万5000人。
昭和46年11月に埼玉県内で33番目の市として誕生し、東京の都心から45キロメートルという立地にありながら、住宅地と美しい里山や雑木林が隣り合うまちです。

人口の推移 市の課題は?

出典:e-Stat
出典:e-Stat

北本市では、令和元年度以降、市外からの転入が転出を上回る社会増が続いているものの、全体としては平成16年の7万719人をピークに人口減少が続いています。今後も少子高齢化とともに人口の減少が続くと予測されています。
このため、子育て環境の整備や人口減少を踏まえた地域の振興策をどのように進めていくかが課題となっています。

投票率の推移

前回・平成31年の投票率48.62%は過去最低でした。

投開票は4月23日

北本市長選挙の投票は統一地方選挙の後半戦の4月23日に行われ、即日開票されます。

↓統一地方選挙の詳しい情報はこちらから↓

ページトップに戻る