ページの本文へ

  1. 首都圏ナビ
  2. 埼玉WEB特集
  3. 埼玉県議選結果 北・東選挙区をくわしく

埼玉県議選結果 北・東選挙区をくわしく

  • 2023年04月12日

9日に行われた埼玉県議会議員選挙。北と東の選挙区の結果をくわしくお伝えします。

県全体の当選者の内訳は?

党派別の獲得議席数です。

▼自民党は53議席で、選挙前よりも3議席増え、過半数を維持しました。

▼公明党は9人全員が当選し、選挙前の議席を維持しました。

▼立憲民主党は10人が当選し、選挙前よりも4議席増やしました。

▼共産党は3人の当選にとどまり、選挙前よりも3議席減らしました。

▼政治団体の「無所属」は立候補者全員が落選し、議席を失いました。

▼埼玉県市民ネットワークは1人が当選し、選挙前の議席を維持しました。

▼日本維新の会は1人が当選し、埼玉県議会で初めて議席を獲得しました。

▼れいわ新選組は議席を獲得できませんでした。

当選者を新旧別に見ますと、現職が68人、新人が25人です。
また、女性は15人で、前回と比べて1人多くなっています。

北1区

北1区は、無投票で当選が決まっています。

北2区

北2区は、無投票で当選が決まっています。

北3区

北3区は、無投票で当選が決まっています。

北4区

現職2人と新人1人が当選しました。

東1区

・現職の柿沼氏が2回目の当選です。
・自民党は前回に続き、議席を獲得できませんでした。

東2区

・前回まで3回連続で無投票で、今回、平成19年以来16年ぶりの選挙となりました。
・現職の諸井氏が5回目の当選です。

東3区

・現職2人が当選しました。
・自民党が2議席を獲得しました。

東4区

・現職2人が当選しました。
・自民党が推薦した無所属の新人は、議席を獲得できませんでした。

東5区

・無所属の新人が当選しました。
・当選した森氏と次点の石川氏との差は25票でした。

東6区

・自民党の新人が当選しました。
・5回目の当選を目指した現職の岡氏は議席を失いました。

東7区

・現職2人と新人1人が当選しました。
・前回まで2回連続で議席を獲得していた共産党は議席を失いました。

東8区

・現職3人と新人1人が当選しました。
・埼玉県市民ネットワークの現職の辻氏は、前回に続き、議席を獲得しました。

東9区

東9区は、無投票で当選が決まっています。

東10区

・現職2人が当選しました。
・前回に続いて、自民党が2議席を獲得しました。

東11区

・東11区は、無投票で当選が決まっています。

東12区

現職の松沢氏が3回目の当選です。

ページトップに戻る