2016年 12月6日(火)放送

手軽にできるおもてなし料理(1)  
料理家   山崎久美さん

和風アクアパッツァ

和風アクアパッツァ

つくり方

  1. 酒と水を合わせ、20分ほど昆布をつける。
    <Point>和風にするため、本来は白ワインのところ、酒を使う。
  2. あさりは砂抜きし、よく洗う。
  3. ミニトマトは半分に切る。青ねぎは小口切りにする。
  4. 魚のウロコを取り、皮に切り目を入れて、塩・こしょうを多めにふる。
    <Point>ウロコは臭みの原因となるので、しっかり取る。
    <Point>皮に切り目を入れると、焼いたときに縮まずきれいに焼ける。
    <Point>蒸す間に魚の塩分が汁に出てしまうので、塩・こしょうは多めにふる。
  5. フライパンを強火で温め、オリーブ油を入れ、皮を下にして魚を焼く。
    皮に焼き色がついたら裏返して、中火にして軽めに焼く。
    <Point>蒸す前に皮を焼くことで、生臭さが取れて香ばしさが出る。
  6. 魚を焼いているフライパンに(1)を昆布ごと入れる。あさりとミニトマトを加えてふたをして、中火で3分間ほど蒸す。
    <Point>魚に重ならないようにあさりとミニトマトを加えることで、汁にだしが出る。
  7. あさりの口が開き、魚に火が通ったら、しょうゆを加える。煮汁の味が薄ければ、魚に汁をかけながら、さらに煮詰める。
    <Point>魚の血合いの部分が茶色っぽくなれば、火が通った合図。
  8. エクストラバージンオリーブ油をまわしかけ、青ねぎをふって完成。

エネルギー208kcal / 塩  分1.8g

※エネルギー・塩分は1人分です。

材料2人分印刷用ページ
白身魚の切り身 2切れ
(たい、サーモン、すずき など)  
塩・こしょう 適量
オリーブ油 大さじ1
あさり 10個
ミニトマト 6個
青ねぎ 1本
50ml
50ml
カット昆布 1枚
しょうゆ 小さじ1
エクストラバージンオリーブ油 小さじ1