かんたんごはん

  • 2023年5月29日

塩七味から揚げ

キーワード:
塩七味から揚げ

お弁当用につくる、ピリッと辛めの味わいがやみつきになる“から揚げ”を紹介します。 大きめにつくるとボリュームが出て、夕飯のメインのおかずにもおすすめですよ。


料理研究家
上島亜紀さん

材料1人分

鶏もも肉

1/2枚(150g)

サラダ油

適量

小麦粉

大さじ1

かたくり粉

大さじ1

<下味用>

小さじ1/3

七味とうがらし

小さじ1/2

みりん

小さじ1

かつお節

2g

しょうが(すりおろし)

小さじ1/2

かたくり粉

小さじ1

つくり方

1.鶏もも肉はペーパータオルで水けをしっかりふき取る。

水けをとることで、鶏肉の臭みがとれ、たれもからみやすくなる。

2.(1)の鶏肉の厚みを均一に開いて余分な脂を取り除き、なるべく皮を残して5等分に切る。

厚みを均一にして脂を取り除くことで、さめてもさっぱりとおいしくいただける。

3.ポリ袋に(2)の鶏もも肉、塩、七味とうがらし、みりん、かつお節、しょうが、かたくり粉を入れてよくもみこみ、10分以上置く。

小さなポリ袋があると朝の弁当作りに便利。

七味とうがらしを加えることで、ピリ辛風味の塩から揚げに仕上がる。

しっかりともみこむことで、10分ほどで味がよくなじむ。

4.10分置いたら、(3)に小麦粉(大さじ1)とかたくり粉(大さじ1)を加えてまぶし、たれごと衣をしっかりつける。

しっかりとまぶすことで、たれがよくからむ。

5.小さめのフライパンに油を1.5cm程度入れ、170度に熱し、(4)を時計周りに入れる。皮目の方から、しっかり揚げ色がついて固まるまで触らずに揚げる。

170度の目安は、箸を入れて泡が出るくらい。

時計回りに入れることでひっくり返す順番が分かりやすくなり、ムラがなくきれいに仕上がる。

さわりすぎると衣がはがれてカリッと揚がらないため、さわらないようにする。

6.揚げ色がついたらひっくり返し、更に同じように揚げる。

揚げる目安は片面約1分30秒ずつ揚げる。

7.揚げ色がついたら強火にし、最後に片面約10秒ずつ揚げる。

最後に強火で揚げることで、さらにカリッと仕上がる。

8.バットに乗せて油を切る。器に盛ったら完成。

立てかけるようにすると油がよく切れる。

おすすめレシピ

ページトップに戻る