かんたんごはん

  • 2022年9月30日

スープ餃子(ギョーザ)

キーワード:
スープ餃子(ギョーザ)

ギョーザの“あん”を作るときは、調味料を加える順番がポイント!ひとつずつ加えて、その都度よく混ぜ合わせてください。スープだけ作って、うどんと卵などを入れるのもおすすめですよ。


料理研究家
ウー・ウェンさん

材料2人分

<ギョーザ>

ギョーザの皮

10枚

鶏ももひき肉

150g

こしょう

少々

大さじ1

しょうゆ

大さじ1/2

小さじ1/4

ごま油

小さじ1

しょうが(みじん切り)

1かけ分

ねぎ(みじん切り)

5cm分

<スープ>

しめじ

200g

黒酢

大さじ2

しょうゆ

大さじ1

小さじ1/4

こしょう

小さじ1/4

カップ4

ごま油

小さじ1

香菜(シャンツァイ)

適宜

つくり方

1.ギョーザの“あん”を作る。
(1)鶏肉に、こしょう⇒酒⇒しょうゆ⇒塩⇒ごま油の順で調味料を加える。

調味料を加えるたびに、よく混ぜ合わせる。

(2)(1)に、しょうが(みじん切り)、ねぎ(みじん切り)を加え、よく混ぜ合わせる。

2.①でできた“あん”をギョーザの皮で包む。

市販の皮は、大判で厚みのあるものを使う。

皮のまわりに水をしっかりつける。少し時間をあけて包むと、水が皮に浸透して閉じやすくなる。“あん”や肉汁が出てこない。

3.スープを作る。
(1)鍋に、水と石づきを取り除いたしめじを入れ、火にかける。煮立ったら弱火にして、フタをして5分程煮る。

しめじを水から入れることで、だしがよく出る。

(2)(1)に、黒酢としょうゆ、塩、こしょうを加える。火加減は中火にする。
(3)(2)に、②で作ったギョーザを加える。フタをして沸騰させる。
(4)(3)が沸騰したらフタを取り、ギョーザの“あん”に火が通るまでしばらく煮る。

ギョーザが水面に浮いて、皮がふっくらとしたら、“あん”に火が通った合図。

(5)香りづけにごま油を加えたらできあがり。(香菜等をお好みでのせると香りがよい)

おすすめレシピ

ページトップに戻る