かんたんごはん

  • 2022年8月29日

焼きなすとねりごまのババガヌーシュ

キーワード:
焼きなすとねりごまのババガヌーシュ

焼きなすを使ったエキゾチックなひとしな!中東地域などで定番の「ババガヌーシュ」をご紹介します。 ババガヌーシュは冷蔵庫で2~3日保存できます。


フードコーディネーター
ナガタユイさん

材料 つくりやすい分量

なす(焼いて皮を取り除く)

正味160g

にんにく

1/4かけ

白練りごま(タヒニでも可)

25g

エキストラバージンオリーブ油

大さじ2

レモン果汁

大さじ1

クミンパウダー

小さじ1

小さじ1/2

こしょう(白)

少々

カイエンヌペッパー

少々

パクチー

適量

バゲット

適量

つくり方

1.焼きなすを作る。ヘタとガクを取り、包丁で縦に数か所切り込みを入れ、魚焼きグリルなど、強火で10分~15分程焼く。

切り込みを入れることで皮がむきやすくなり、破裂を防ぎ、火通りもよくなる。

2.(1)のなすに竹串をさし、すっと通ればOK。やけどに注意しながら皮をむき計量する。

水分量など、なすによって変わるので計量したほうが味が決まりやすい。

3.(2)のなすと、白練りごま、にんにく、エキストラバージンオリーブ油、レモン果汁、クミンパウダー、塩、白こしょうを合わせ、ハンドブレンダーなどを使ってかくはんする。

本場ではタヒニというごまペーストを使う。

レモンで酸味を加え、クミンパウダーでスパイシーな香りをプラス。味のアクセントになる。

かくはんし、味見をして塩みが足りなければ調整する。

4.(3)を器に盛り、エキストラバージン油(分量外)、刻んだパクチー、カイエンヌペッパーをお好みでかける。

5.軽くトーストした薄切りのバゲットを添えてできあがり。

おすすめレシピ

ページトップに戻る