豆腐たまご丼

  • 2018年10月10日
豆腐たまご丼

エリンギは食べ応えがあり、丼のボリュームがアップします。


パパ料理研究家
滝村雅晴さん

材料2人分

豆腐(絹)
1丁
小松菜
4ワ
エリンギ
2本
4個
200ml
昆布
1枚
かつお節
少々
てんさい糖
大さじ2
大さじ2
みりん
大さじ2
しょうゆ
大さじ4
ご飯
2膳分
のり(細切り)
ねぎ(小口切り)
ごま(白)
各適量
粉ざんしょう
適宜

つくり方

  1. 1.豆腐を大きめのさいの目に切る。小松菜は根を切りざく切りにする。
    エリンギは、食べやすいように薄切りにする。

    エリンギは食べ応えがあり、丼のボリュームがUPする。

  2. 2.卵を割り溶きほぐしておく。

    “子手伝い”(=子どものお手伝い)ポイント!2~3歳からOK。

  3. 3.フライパンに水、昆布、かつお節を入れ、さらに豆腐とエリンギを加えて強火にかける。

    昆布とかつお節のだし汁でもOK。だしを取るのが面倒なときは、このように一緒に煮てしまうのがオススメ。

  4. 4.沸騰したら、小松菜を加え、てんさい糖、酒、みりん、しょうゆで味付けをする。ふたをしたら火を弱めて5~6分間煮る。

  5. 5.小松菜がしんなりしてきたら、(2)を半量回し入れる。
    少し固まったら残りを回し入れ、火を止めて余熱で温める。

    卵を2回に分けると、固まった卵と半熟両方の食感を楽しめる。

  6. 6.卵が好みのかたさになったら出来上がり。
    ご飯に盛り付け、つゆをたっぷりかけて、のり、ねぎ、ごまを散らす。
    お好みで粉ざんしょうをふりかけてもおいしい。

ページトップに戻る