おはよう日本 関東甲信越

10月20日放送
ITでお年寄りの見守りを

問い合わせ先

現在、65歳以上の6人に1人が1人暮らしをしているといわれ、急病や転倒など、いざという時の備えに不安を抱えている人や 家族も少なくありません。
そうした中、ITを活用したお年寄りの見守りサービスが広がっています。
横浜市に住む山本悦子さん、86歳。
6年前に夫を亡くし、一人で生活しています。
去年(2016年)、急激な背中の痛みで、救急車で運ばれました。
「一晩苦しみました。痛くて、どうしようかと思って・・・」

以来、不安を抱えていた山本さんに、心強い味方が現れました。
写真 写真
『コールセンターです。山本さん、どうなさいましたか?』

山本さんは今年4月から、大手メーカーが開発した見守りサービスの実証実験に参加しています。
写真 写真
部屋に設置された、マイクやセンサーのついた専用の機器が、物音や、人の動き、室温などを24時間検知します。

『ドン(ベッドから落ちる音)』

ベッドから落ちたり、転んだりして、大きな音がすると、看護師が常駐するコールセンターに通知されます。
写真 写真
『ピピピピピピピピ・・・・(サイレン音)』

看護師は、すぐに利用者の安否を確認します。
『どうされましたか? 石井さん! 石井さん! あ、聞こえました。はい、安心しました』
さらに、せきやいびきの回数、呼吸の乱れなど、24時間記録し続けています。
写真 写真
この日、見守りサービスの担当者が山本さんの自宅を訪ねました。
山本さんがデータから指摘されたのは、部屋の温度と湿度が高いことでした。
8月の1か月間で、 “熱中症の危険がある” とされた日は1日、 “厳重警戒” とされた日は、20日にも及んでいました。

担当「熱中症の危険が高くなるときがあるので、
   “暑い” と少しでも感じたら・・・」
山本「私は扇風機をつけて寝る」
担当「いまの時期は暑いので、クーラーをつけたらどうですか?」
「やっと自信がつきました。この機械があるから、何も心配ないです」と山本さん。
富士通のシニアマネージャー、相原蔵人さんは「せきやいびきなど、体の状態を捉えることによって、その人に寄り添った見守りを今後展開していきたい」と話していました。
写真 写真
ITを活用した高齢者の見守りは、介護をする人たちの負担軽減にもつながっています。
6月にオープンした介護付き老人ホームでは、職員1人1人のスマートフォンと、センサーやナースコールを連係させた見守りを始めました。
写真 写真
布団の下に、入居者の状態を 心拍数や呼吸から検知するセンサーを設置。
ベッドにいるか、起きているかなど、リアルタイムで確認することができます。
利用者が目覚めると、画面の表示が青から黄色に変わります。
『コンコンコン! 失礼いたしま〜す。 座りますか?』
職員が定期的に部屋の見回りをしなくても、利用者の状態を把握することができるのです。
アズハイム練馬ガーデンのケアリーダー、高橋真由さんは「お客様が、いま何をしているのか、起きているとか寝ているというのが、一目瞭然でわかるので、そういう意味ではスタッフの負担軽減になったと思う」といいます。
同じシステムを導入した別の介護施設では、1日あたり2人分の労働時間が削減できたという結果が出ています。

専門家は、ITを活用した見守りは、今後ますます広がっていくと考えています。
みずほ情報総研の羽田圭子さんは「 “孤独死” が非常に近年問題になっているので、市町村でも そこは熱心に進めている。人だと、24時間見守り続けることは難しいが、機械ならそういう点が可能になるので、組み合わせて使っていくことが普及してきている」と話していました。

紹介した、見守りサービスの実証実験は10月いっぱいまでの予定で、今後は、各地に本格的に導入していくということです。

ページ上部へ

問い合わせ先

◇見守りサービスの機器を開発した企業について
 「富士通株式会社 ユビキタスウェアサポート窓口」
 電話:050−3116−7791
 受付時間 9時〜17時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始は除く)
 ※紹介した横浜市での実証実験は10月いっぱいまで、
  本格導入へ向けて継続中。
 ※北海道の介護施設でも10月より本格導入されているとのことです。

◇介護施設へ導入したシステムについて
 「株式会社アズパートナーズ」
 東京都千代田区有楽町1−5−2 東宝ツインタワービル6階
 電話:03−5501−1881(代表)
 FAX:03−5501−1888
 受付時間:平日9〜18時(平日)

ページ上部へ

これまでの放送内容

読み込み中です。NHK @首都圏のサイトではJavascriptを使用しています。コンテンツをご覧になるにはJavascriptを有効にしてください。