おはよう日本 関東甲信越

5月31日放送
都会の人材をスカウト 地域活性化へ

問い合わせ先

いま、地域活性化の担い手として、都会の人材をスカウトする動きが、地方自治体の間で活発になっています。人材をマッチングする新たな取り組みを取材しました。
都内で開かれた転職の説明会。
公認会計士や大手企業で働く人など50人以上が集まりました。

この会を主催しているのは、島根や京都などにある4つの地方自治体。
経営相談所の所長を募集するために開きました。
「皆さんと一緒に島根県邑南町(おおなんちょう)の経済を加速化していきたい」と話すのは島根県邑南町の町長、石橋良治さん。
参加した会社員からは「事業をつくっていくのはよくやってきていたので、今までの そういった経験が生きてくると思って、話を聞いてみたい」という声が聞かれました。
自治体が経営相談所を作り、その所長として “都会の人材をスカウトする取り組み” は全国に広がっています。

「情熱のある方にご応募いただいて、一緒に走っていただけるといい」というのは千葉県木更津市の市長、渡辺芳邦さん。
現在11の自治体が相談所を運営しています。
そのひとつ。熊本県天草市。
人口の減少が続くなか、産業をどう振興するのかが課題でした。
写真 写真
そこで、2年前(2015年)に作ったのが経営相談所『アマビズ』です。

『こんにちは〜』
所長の内山隆さんは、かつて都内でTT企業向けのコンサルタントをしていました。
当時のクライアントは大手通信会社など。
大きな仕事に やりがいを感じる一方で、神経をすり減らす日々だったといいます。
「東京にいて、お金ばかりの世界だと 生きている実感がどんどん失われていく。熊本 天草に来て、地に足をつけた豊かさ、まっとうな生き方だと思う」
いま相手にしているのは、地元の中小企業や商店の人たちなどです。
内山さんの流儀は、相手の話をじっくりと聞くこと。

内)「今おっしゃられていることをまとめて出していくと・・・」
客)「それはやりたいですね〜」

東京にいたときは、クライアントと話す時間はあまりとれませんでしたが、ここでは時間をかけて企業に話を聞けます。
もうひとつの流儀が、インターネットの活用。
IT関連のコンサルタントをしていた経験を生かします。
写真 写真
ある民宿では、漁師体験や牛乳しぼりまで出来るとPR。
また、別の農場では、豊かな自然の中でのびのびと豚を飼育していることをアピールしました。
内山さんは「IT系のことは、まだ手を出していないところが多い。逆に、ちょっとやるだけで結果に結びつく面もある。そこをなんとかすれば可能性は広がる」といいます。

内山さんに相談した企業のひとつ。セラミック加工会社は・・・
従業員は9人。大手メーカーの下請けが主な仕事でしたが、ここ数年受注が減り続けていました。
写真 写真
相談にのった内山さんが目をつけたのは、研磨技術の高さです。

この会社の製品は、CDから包丁までさまざま。
聞けば、どんな大きさや形でも作る技術を持っているといいます。
写真 写真
そこで、この会社の技術をアピールするため、内山さんの提案でSNSに小さく加工したセラミックの写真を投稿。

小さく削るのが難しいセラミックを、1センチ以下の四角形にし、角が正確に90度に削られています。

すると、この写真を見た企業から問い合わせがあり契約が成立。
新たな顧客の開拓につながりました。
セラミック加工会社の社長、船田大作さんは「この技術を生かして・・・、また違うものがいっぱいあるので。アマビズに行くと、天草の中も、外も、世界も教えてくれる。背中を押してくれる存在」だといいます。
写真 写真
内山さんが手がけた企業は、この1年間で400以上。
業績が上がった会社も多いといいます。
内山さんは「天草の未来を一緒につくっていけたらと思う。もっと自信を持ってほしい。みんな いろんな可能性があると思う」と話していました。

スカウトした人材による地域活性化の取り組みは、関東地方でも千葉県の木更津市が始めているということです。

ページ上部へ

問い合わせ先

◇千葉県木更津市の公募について
 「木更津市役所」
 電話:0438−23−8518

◇熊本県天草市の相談窓口について
 「天草市起業創業・中小企業支援センター『アマビズ』」
 電話:0969−24−5555

◇セラミック加工会社について
 「株式会社 新和工学」
 電話:0969−46−3555

ページ上部へ

これまでの放送内容

読み込み中です。NHK @首都圏のサイトではJavascriptを使用しています。コンテンツをご覧になるにはJavascriptを有効にしてください。