もっとニュース

  • 2024年5月23日

【訃報】栃木・宇都宮出身 真島茂樹さん死去 松平健さん「マツケンサンバⅡ」の振り付け担当

キーワード:

俳優の松平健さんが歌って踊り、大ヒットした「マツケンサンバⅡ」の振り付けを担当したことで知られる、栃木県宇都宮市出身でダンサーで振り付け師の真島茂樹さんが、5月22日の夜に虚血性心不全のため亡くなりました。77歳でした。

SNSでは、「真島茂樹さん亡くなったのショック」とか「世の中を明るくする踊りありがとうございました」などと真島さんを悼む投稿が寄せられています。

真島さん悼む投稿寄せられる

SNSでは、真島さんを悼む投稿が寄せられています。

真島茂樹さん亡くなったのショック
世の中を明るくする踊りありがとうございました
マツケンサンバ父の影響で好きだから悲しいな。そして松平健さんのこと思うと泣ける。ご冥福をお祈りします
秋にマツケンサンバコンサートに行く予定で、真島さんのキレッキレダンスを楽しみにしてたんだよ⋯悲しい

 

真島茂樹さんとは

熱唱する松平健さんと真島茂樹さん(2005年9月)

真島茂樹さんは宇都宮市出身で、1964年に「日劇ダンシングチーム」に入団してトップダンサーとして活躍し、その後、ミュージカルへの出演やダンスの講師などで活動しました。

振り付け師としては、2004年に発表した俳優の松平健さんの「マツケンサンバⅡ」で、サンバのリズムにあわせ派手な着物姿で歌い踊る、斬新な振り付けが評判を呼んで楽曲を大ヒットに導きました。

真島さんは、ダンサーとしてもこの曲に参加していて、松平さんとともにNHKの紅白歌合戦や歌番組にも出演しました。

観客にみずから振り付けを教えるなかで、明るく親しみやすいキャラクターにも注目が集まり、一躍、時の人となりました。

所属事務所によりますと、真島さんは5月も松平さんのコンサートに出演する予定で、精力的に活動していましたが、5月22日夜、虚血性心不全のため亡くなったということです。77歳でした。

※当初、真島さんが「日劇ダンシングチーム」に入団した年を1972年としていましたが、事務所側が1964年と訂正したため変更しています。

松平健さん“生涯ダンサーを貫き通したマジを尊敬”

真島さんが亡くなったことについて、「マツケンサンバⅡ」を歌う俳優の松平健さんが所属事務所を通じてコメントを発表し、「あまりに突然の事でいまだ信じがたい思いです。踊りを愛し生涯ダンサーを貫き通したマジを尊敬し称賛します。一緒に仕事をすれば周りに気を配りいったん振り付けとなるとプロフェッショナルな厳しい指導。終われば明るく元気な優しい人柄でした。そんなマジと長年苦楽を共にしてつくった作品をこれからも皆さんに楽しんでいただけるよう私も歌って踊り続けたいと思います」とつづっています。

“『一生踊り子』という言葉を胸に…”

真島さんが亡くなったことについて所属事務所がコメントを発表し、「小さい頃からの夢を実現させレビューの道を邁進して参りました。『マツケンサンバⅡ』の振付以降は、活動の幅も広げ皆様に愛される日々を送り、自ら『一生踊り子』という言葉を胸に亡くなる前日まで元気で仕事をこなしておりました。華やかな生涯を刻めました」などとつづっています。

あわせて読みたい

ページトップに戻る