もっとニュース

  • 2024年3月27日

東京出身 カブスの鈴木誠也 3月28日の開幕へ好調キープ 1試合2本塁打“しっかり準備して1日1日過ごしたい”

キーワード:

東京都出身で大リーグ、カブスの鈴木誠也選手。

3月28日に開幕が迫るなか、好調をキープしています。 
カーディナルスとのオープン戦でホームラン2本を打ち、オープン戦の打率は4割5分9厘となっています。

1試合2本塁打 好調キープ

鈴木選手は、3月25日、アリゾナ州メサで行われたカーディナルスとのオープン戦に2番・ライトで出場し、第1打席で左ピッチャーの甘い変化球を捉えて左中間スタンドに先制のソロホームランを打ちました。

続く第2打席は、フォアボールを選びました。

そして5回の第3打席では再び、同じ左ピッチャーのインコースの速球をひじを畳んでうまく捉え、レフトスタンドへこの試合2本目のソロホームランを打ちました。

鈴木選手はホームラン2本による2安打2打点の活躍でした。

大リーグ3年目の鈴木選手はオープン戦15試合に出場して打率4割5分9厘、ホームラン6本、12打点と3月28日に開幕が迫るなか好調を続けています。

“しっかり準備して1日1日を過ごしたい”

鈴木選手は「気持ちよかった。準備がいいからこういう結果になっていると思う。シーズンに入ってもしっかり準備して1日1日を過ごしたい」と話しました。

その上で「体自体は年々、強くなってきているが、これまでは少しぎこちないというか、思ったように動かせない部分があった。自分なりにトレーニングのやり方を工夫して変えたことが、今すごくいい形になって出てきている」と話し、トレーニングを見直したことが好調の要因だと分析していました。

また、カブスでは今シーズン加入した今永昇太投手が本拠地での開幕戦となる来月(4月)1日のロッキーズ戦で初登板で先発することになり日本選手2人に投打の主軸としての活躍が期待されています。

ページトップに戻る