1. NHK
  2. 首都圏ナビ
  3. もっとニュース
  4. 入学式までに制服届かない ムサシノ商店「受注集中で…」

入学式までに制服届かない ムサシノ商店「受注集中で…」

  • 2022年4月7日

東京都内では7日に、多くの高校や中学校で入学式が行われます。ところが「前日になっても注文した制服が届かない」という声が相次いで学校に寄せられました。
受注した武蔵野市の会社が会見し、新入生100人ほどに7日の入学式までに制服を届けられなかったとして謝罪しました。3月に受注が集中したことなどが、理由でした。

“入学式直前に制服が届かない”

東京都や区や市の教育委員会によりますと、多くの学校で入学式を7日に控える中、八王子市や町田市など、多摩地方を中心に「入学式の前日になっても注文した制服が届かない」という連絡が、保護者から学校に相次いで寄せられたということです。

いずれも、武蔵野市に本社を置く「ムサシノ商店」が店舗を運営する「ムサシノ学生服」に注文した制服だということです。

この事業者と制服の契約をしている学校は都の教育委員会が把握しているだけでも、都立高校で53校、特別支援学校で15校の合わせて68校。また、公立中学校でも、練馬区、八王子市、武蔵野市、府中市、調布市、町田市、国分寺市、西東京市で、一部の保護者から制服が届かないという連絡があったということです。

都教委 “私服などで参加を”

6日になって制服が届いている家庭も多いということですが、都の教育委員会では、すべての都立学校に対し、万が一、届かなかった場合は、中学校の制服や落ち着いた私服での入学式の参加を認めることや、集合写真は制服が届いてから撮影することなど異例の呼びかけを行っています。

直接店舗に受け取りに来る保護者も

「ムサシノ学生服」の東京 八王子市にある店舗には6日、入学式を前に、まだ制服が届かないとして、直接受け取りに来る保護者の姿が相次ぎました。

子どもの制服を受け取りに来た40代の母親
「制服の準備ができ次第、連絡があるということでしたが、きのうまで何も連絡がなく、このままでは間に合わないと不安になりました。きのうも2時間半ほど店の前に並びましたが受け取れず、きょうやっと受け取ることができ、一安心しましたが、入学式に間に合うか非常に心配しました」

すでに制服を受け取ったものの、ネクタイが9本入っていたり、サイズがあわなかったりして、改めて店を訪れた保護者もいました。

社長が謝罪“新入生100人ほど入学式までに制服届けられず”

この問題を受け、制服を受注した武蔵野市に本社を置く「ムサシノ商店」の田中秀篤社長が7日、会見を開きました。

この春の入学に向け、都立高校や公立の中学校およそ300校、3万人分の制服を受注したということですが、7日の入学式までに中高生合わせて100人ほどに制服を届けられなかったということです。
理由として、生産メーカーからの納期が1週間程度遅れたことや、制服の注文が3月に集中したことで、対応できなかったと説明しています。
ここ数日、保護者から問い合わせが殺到するまで、遅れる可能性があると生徒側に伝えていなかったことについては「間に合うと思っていたが、認識が甘かった」としています。

田中秀篤社長 
「子どもたちの学生生活の第一歩という時に不安な気持ちにさせてしまい、大変申し訳ありません。しっかりと信頼回復できるように納品態勢を整えて、制服をお届けすることに全力で尽くしていきたい」

ページトップに戻る